2017年6月29日 (木)

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(304) キャンピングトレーラーで使う電子レンジ ON/OFF方式とインバーター方式では何が違う(2) インバーター動作時の電流 Panasonic NE-T158と YAMAZEN MOR-1560E

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(304) キャンピングトレーラーで使う電子レンジ ON/OFF方式とインバーター方式では何が違う(2) インバーター動作時の電流 Panasonic NE-T158と YAMAZEN MOR-1560E

6月11日記事からの続き

このキャンピングトレーラーはなるべく一般家庭用の家電を使うのがコンセプト。なので、特殊なものは使っていない。

インバータ方式の電子オーブンレンジ Panasonic NE-T158が到着した。

動作時の電流を測定する。

Pana_150300500100w
電流は200mVのY軸を見て、1/10にしたのがAになる。よって、40mVは4A。なので400Wの消費電力になる。

最初のギザギザが150Wセットでの電子レンジ。約3Aと5Aを行き来している。その次のフラットなのが300Wセット。次が500Wセットで、消費電流は800W。面白いのが引き続きもう一度150Wセットにしたら最高電流値は7A 近くになった。しかしON/OFF(山谷)は早い。引き続き300Wにセットすると途中で段が付いた。 最後の2山はヒーターをONにした。ここでは仕様通り、13.5A=1350W この一定の電力を消費する。

結論としては、その仕様通りインバーター機能を発揮していて、ヒーターを使わない限り、DC-ACインバーターの最高出力1000Wを超えることはないのでトレーラー内で使える。

これがYAMAZENのインバーターでないオーブンレンジの消費電流。手動で出力200Wとか600Wに設定している。ヒーターも使ってみた。
Yamazen

結局手動でどのようなセットにしようが、電流はいつも最高値を示していて、12.6A付近。すなわち1260W位を消費しているので、トレーラーのDC-ACインバーター出力1000Wでは動作しない。

<結論>
・トレーラーが出力1000W位のDC-ACインバーターしか積んでいない場合は、インバーター方式オーブンレンジが必要になる。
・消費電流が少なくバッテリーを痛めにくいという意味でもインバーター仕様の電子レンジ(オーブンレンジ)をお勧めする。
・なおヒーターは使えない。どうしても使いたい場合は、さらに大容量のバッテリーと2KW出力のDC-ACインバーターをお勧めする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(303) Panasonic eneloop ニッケル水素電池

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(303) Panasonic eneloop ニッケル水素電池

このブログで電池はテーマのひとつですが、またまた衝動買いをしてしまった。

エディオンをふらついていたら、特価が目に入った。それがこれ。

Image2

これはアマゾンの同日の検索結果だが、税込み送料入れてのこの価格より支払った額は7%くらい安かった。特価でもたいてい通販よりは若干高いから、ああ~良かった。

今までの一本あたり購入価格は、記憶では安値は税込み220円くらい。なのでこの程度以下の場合買うことにしている。

製造年月日は2016年10月と印字されている。そんなに古くなく1年経っていない。ただ、今までの試験結果から、3~4年前の製造でもeneloopは劣化しないことがわかっている。なので前のものでも安心して買える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

飛行船、Blimpものつくり(142) 防犯用ビデオカメラ 極小 サンコーSCRTCAM4 SQ8 MINI DV

飛行船、Blimpものつくり(142) 防犯用ビデオカメラ 極小 サンコーSCRTCAM4 SQ8 MINI DV

最近流行のドラレコなど小さいビデオカメラがほしくてネットサーフィンをしていて

なんとなく衝動買いしてしまった。防犯カメラとしては動作時間が少ないとは知りつつ購入してしまった。

Image7

 

 

Image2

 

Image5

 

 

Image3

仕様

Image1_2

実物を手に取って、説明書を読んで思うことは、あまりにも小さすぎてボタンと表示類が少なく、今どのような動作をしているのか確認が難しいこと。

また、連続動作時間が100分とあるが、動作感知モードでも同じ時間か、それとも伸びるのかが不明なこと。

さらに、USB電源をつないだままで録画ができ、外部電池をつなげて動作するとは書いてあるが、はたして例えば24時間とか48時間とかの長時間連続監視ができるのかどうか、不明だ。

もう少し使い込んでからレポートの予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(302) トレーラーの電子レンジ インバーターでは何が違う

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(302) トレーラーの電子レンジ インバーターでは何が違う

キャンピングもどきトレーラーを持っているのは過去の記事に、ソーラー発電システムなどで記事にしている。

その中でいくつか失敗があるが、そのひとつが電子レンジ。

DC-ACインバーターは最大出力1000Wなので1000W以下のレンジを選ぶ。

買ったのはたとえばヤマゼン オーブンレンジ(15L) YRD-T150V-W ホワイト。実際はこれの前の機種を使っていて、MOR-1560E。

消費電力は【レンジ】930/1280W(50/60Hz)、【オーブン/グリル】1260W。

なのでDC-ACインバーターを50HzにセットすればOKと思ったが、失敗は出力と消費電力の比がかなりぎりぎりで、バッテリーの電流が大きいこと。

電流の計算は;
930W/12V/0.9=86、、結局100A近くになってしまい、その時の電流計を見ているとバッテリーが痛んでるなぁと思ってしまい、居心地がよくない。

この機種はインバーターではないので、出力を絞ってもこの電流のON/OFFになってしまう。

なので、インバーターならどうなんだろうと以前から思っていた。

最近フトしたことからリサイクルショップを訪れることになり、目に入ったのがpanaのインバーターオーブンレンジで、5年前くらいのモデルで7000円くらいの値が付いている。ならば、少し型落ちの新品はどれくらいかネットで調べてみたら、ま、そこそこの値段なので、選んだのがこれ。

Panasonic NE-T158-W

Elect158

仕様は以下。

Spec

今後動作とその時の電流を計測する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

飛行船、Blimp ものつくり(126) 庭のバラ (2)

飛行船、Blimp ものつくり(126) 庭のバラ (2)

5月25日記事からの続き。

Dsc08864_r

 

 

Dsc08865_r
 

 

Dsc08868_r

 

 

 

Dsc08869_r

 

 

Dsc08870_r

 

 

Dsc08871_r

 

 

 

Dsc08872_r

 

 

 

Dsc08873_r

 

 

 

Dsc08875s

 

 

Dsc08881_r

 

 

 

 

Dsc08880_r

 

 

Dsc08877_r

 

 

 

Dsc08876_r

 

 

 

 

Dsc08883_r

 

 

 

Dsc08884_r

 

 

 

Dsc08887_r

バラは主に女房のメンテ。次はぶどうの手入れ、私の作業になる。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

飛行船、Blimp ものつくり(125) 庭のバラ (1)

飛行船、Blimp ものつくり(125) 庭のバラ (1)

春が過ぎて初夏に向かい今がバラの季節です。庭のバラも今が満開となった。

Dsc08848

 

Dsc08850

 

Dsc08851

 

 

Dsc08852

 

 

 

Dsc08853

 

 

Dsc08854_2

 

 

Dsc08855

 

 

Dsc08856

 

 

Dsc08857

 

 

 

Dsc08860

 

 

Dsc08862

 

 

Dsc08863

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(301) コードレスプチサイクロン掃除機 MC-BR30G 電池交換 AMV97V-GE

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(301) コードレスプチサイクロン掃除機 MC-BR30G 電池交換 AMV97V-GE

2014年3月15日に購入した(3月8日購入)記事を書いている。

当時はパワフルな電池式掃除機としては画期的な商品で、リチウムイオン電池が実用化され普及してきたことで実現した製品だ。

本体は非常に高く6万円近かった。主なコスト高は電池代と思う。実際に使ってみるとコードレスの恩恵は非常に大きく、家中を1階も2階もどこでもスイスイ。コードがないということはこんなにも便利。

さて、そうなると電池の交換頻度とその価格が気になる。

びっくりしたのは約1年7ヶ月でパワーがかなり落ちたこと。考えてみると575日経ており、この間毎日使っており、今のリチウムイオン電池の実力が寿命600-800回の充放電を考えるとこの電池は品質的に妥当。

そこで電池を交換すべく電池の価格を調べたら2万円と3万円の間、やはり高すぎる。一方本体価格をネットで調べるとちょうど次期型が出たところで旧型はかなり安くなっていて2万円数千円。

ならば本体を買おうということで2台目を購入した。もちろん、1台目を捨てるのは勿体なく、2階に置いてチョコチョコ使うことを考えた。これが2015年10月15日だった。

WEBの製品情報(最近の状態)

Photo

電池交換のマニュアル。難しくはないがドライバー(ネジ回し)くらいは必要になる。
_

しかし今日現在で使用期間が38ヶ月、1140日になる。電池がいよいよ弱くなってきたので電池の価格を調べてみたら、1.6万円。だいぶ買い求めやすくなった。なので購入を決断した。

Dsc09208s

<まとめ>
・電動自転車のバッテリーとはだいぶ様子が違っていて、2年に一回の交換を要す。電動自転車では週一回の充電なので50回/年として10年以上交換の必要がない(はず)。

・今までのサイクロン掃除機は10年は使えていたので、10年間のコストは、本体5万円として、追加コストは若干のフィルター交換とヘッド交換だった。したがって6万円くらい。このコードレスは本体6万円としてバッテリー一個1.6万円x4個=6.4万円。 だから13万円を超える。

やっぱり従来と比べ2倍のコストがかかる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

飛行船、Blimpものつくり(54) ポータブルナビ ゴリラ 中国製ナビ その実力 (2)

飛行船、Blimpものつくり(54) ポータブルナビ ゴリラ 中国製ナビ その実力 (2)

2時間ほどドライブで使ったインプレッションから。

今回のナビは、日本製の市販平均価格を10万円とすると1/3くらい、、、なのでちょっと選択としては厳しかったかも。なお、今まで15年使ってきたゴリラは平均価格帯。

これと比べることになるので評価は厳しめ。

主なスペックを比較すると、チューナーがワンセグ/フルセグオート切り替えができて2チューナーを実装しており同じ、液晶はTFTで解像度はこっちは1024x600、ゴリラも同じと思う。

ナビデータはゴリラはHDDに格納、これは8GBのSDメモリに格納、なのでこっちがちょっと雑。

FMトランスミッターはどちらも同じくある。シガーライターからの電源はどちらもあり。

以上スペックはほとんど同じ。

使ってみると、、まずがっかりな点ばかりで、申し訳ないが、

1)液晶が暗い。車の外が太陽燦々でも曇りでもゴリラよりかなり暗くて、第一印象が悪い。あっ、まず安物を買ってしまったかなぁと思ってしまう。

2)次にタッチパネル、操作が一個づつ確実にできない。押しても反応してるのかしてないのか、、、動かない、、、。あぁ、、これも同じ印象。

3)そして、画面の発色が悪い。例えば人の顔の色は病気の時のような色合いあいで、見るたびにがっかりしてしまう。何とかしてほしいが、色合いを変えるメニューがない。

4)全体的の反応が遅い。これはCPUの能力が足りてないのだと思う。ゴリラは15年前の製品にもかかわらずこのようなことはない。

5)ナビのデータ不足。細かい道路が出ない。

6)ナビでルートを切り替える機能がない(経由地の変更とか)。

なので、一方、いい点を挙げると、

1)チューナーの感度が上がったこと。ゴリラは今どきのハイテクから比べると悪い。

2)ワンセグの画面は色はひどいが今どきの解像度がある。15年前のゴリラは画像の処理技術が今時のレベルではない。

結論的には、技術はあると思われるが、製品に対する思い入れがなく消費者不在の製品を世に出す中国マインドは、まだまだ受け入れられないと思う。がっかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

飛行船、Blimpものつくり(53) ポータブルナビ ゴリラ 中国製ナビ その実力

飛行船、Blimpものつくり(53) ポータブルナビ ゴリラ 中国製ナビ その実力

約15年使っていたポータブルナビ、ゴリラ  がついに壊れGPSデータを捉えられなくなった。

次は何を買うか迷ったが、同じく約17年前に初めて韓国製の液晶PCモニター(今でも動いておりたまに使うが) を買った時のように、初めて中国製を試すことにした。

もちろん身の回りのかなりの(ほとんどの)製品が中国製であり、その品質はそれなりに確かと言えるが、日本向けの多くは何らかの形で日本人がモノ作りに関係しているが、今回の製品は多分それはない。

目的として、今回はそれを確かめたかった。

楽天で探したので、その画面を載せる。別の意味で、今回は説明書が全く同梱されていない、なのでその代わりの意味もある。

Image2

Image4

Image6

Image8

Image10

Image12

Image14

Image16

以上の様な特徴というかSPECを持つ。こんなにもマンマシンインターフェースが重要な製品で純中国製を買うのは初めて。どうなることやら、、、、。

現在、やっと車に取り付けて昨日約2時間走行した。その記事を今後書いていきたい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

飛行船、Blimpものつくり(52) メカタイマー USB充電5V出力付きコンセント 雷ガード付きコンセント

飛行船、Blimpものつくり(52) メカタイマー USB充電5V出力付きコンセント 雷ガード付きコンセント

ここしばらくの間にプリンターやスキャナーなどが壊れたことがわかった。ほとんど同時なので、そこでチラッと考えたのがACラインからくるサージ電圧。

2年前には液晶テレビやエアコン2台が一気に壊れたことを思い出した。60mくらい近くの近所の電柱に誘導雷が落ちたようだった。

そこでコンセントを見直すことにした。希望は以下のとおり。

1)雷などのサージ電圧を吸収できること。

2)USB DC5V を供給できること。

3)メカタイマーと組み合わせて、ON/OFF時間を自動設定できること。

そこで選んだのが以下の製品。

これは6000Vまでのサージ電圧を吸収できる。YAZAWAブランド。
Dsc09173s

 

 

 

これは、目的は30年位前の扇風機をON/OFFコントロールするために購入した。
PC機器関係をコントロールするためではない。
注意しなくてはいけないのは、いまどきの機器はソフトウエアスイッチが多く採用されており、コンセント側のAC100VをON/OFFしても OFFはできるがONはできないこと。

Dsc09119s
ネットで調べると今でもメカ式ボタンの扇風機は購入可能のようですね。ほとんどないですが、、、

DC5VをUSB端子で出力できるコンセントがこれ。やっぱり便利ですね。もう、家中あちこちにUSB電源供給差込(コンセント)があることになる。

Dsc09118s1

LENOVOのYogaBookがDC5Vで充電できるので本当に便利。家中、どこでも充電しちゃいます(注:下記参照)。

 

余談ですが、このYogaBookの充電仕様は不思議、というか便利です。以下充電器の仕様ラベルの記載から。
5.2V 2A:通常使用。
7V   2A:急速充電。
9V   2A:急速充電。
12V  2A:急速充電。

どうもバッテリー充電状況によって出力電圧を変えているようです。

なので、上のコンセント(出力5.2V)を使うと充電はできない。しかし、バッテリーの寿命を延長できると思っている。バッテリーの放電がほぼないので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«飛行船、Blimpものつくり(51) エコタンク プリンター エプソン EW-M570T