2018年2月19日 (月)

Blimp: ニッケル水素電池・リチウムイオン電池の実力を見る(427) ニッケル水素電池 冬場のメンテナンス

Blimp: ニッケル水素電池・リチウムイオン電池の実力を見る(427) ニッケル水素電池 冬場のメンテナンス

昔からメンテナンスをしなくては、とは思いつつも成り行き任せで何もしなかった。結果、かなりの本数のニッケル水素電池を固まらせて(劣化させて)しまった。

対策としては、
1)メンテしなくてもなるべく劣化しないブランドを買う。それが目的で相当な種類の電池を購入して試験もしましたが、結果としてeneloopとGP のReCyko+がいいとわかった。

2)定期的に充放電を行う。いつも使う電池は、メンテしなくても、というか、その充放電がメンテになっている。

ま、数が多いとメンテも行き届かなくて、結局、2017年10月27日の記事で紹介したような電池交換自動の充電器を購入した。これなら気が向いたときに放り込むだけでいい。

で、困ったのが単一型ニッケル水素
Image1

現在、eneloopが4本、東芝のIMPULSEが6本、合計10本の電池を使っている。
これらが劣化すると単価も高く損失が大きいので、どうメンテするか、、、、
基本、充電器しか適切な器具がない。

用途が、ガスコンロ点火の電源にeneloop、夏の殺虫剤噴霧器の電源と冬場の灯油ポンプに東芝。

eneloopは半年ほっておいても問題ないが、東芝の耐劣化性能はeneloopまではない。冬場7ヶ月ほど間、灯油ポンプに2本を2~3回充電するので、残り4本をどう使うか、、、が問題になった。

そこで思いついたのがコンロの電源として、eneloopはお休み願い4本を使いまわすことに。

4週間に一回程度交換することにして、4本を使いまわすと、冬場に概ね4回ほど充放電することになる。

Image2

これでメンテは十分ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

Blimp: ニッケル水素電池・リチウムイオン電池の実力を見る(426) 電動アシスト自転車 YAMAHA VIENTA5 4年目 後輪のタイヤ

Blimp: ニッケル水素電池・リチウムイオン電池の実力を見る(426) 電動アシスト自転車 YAMAHA VIENTA5 4年目 後輪のタイヤ

2015年1月15日に最初の乗車フィーリング記事を書いて丸3年、近況をお伝えします。

現在の総走行距離は、4035km。通勤や買い物に使い、ほぼ毎日使っていますが、故障らしい故障はなく信頼性があるので助かっています。

リチウムイオン電池の状態は良いと判断します。週に1回くらいの充電回数ですので、3年で150回の充電です。充電でインジケーターが100%指示後、走り始めて2kmとかで急に85%の指示とかに落ちないので、劣化はまだまだという感じです。

今までにカスタマイズしたところ;

  ・メーカーオプションとして後部キャリアーとフェンダートリム 2015.01.19記事
  ・右ハンドル近くにミラー取り付け 2015.02.28記事
  ・後輪近くにバッグの取り付け 2016.02.17記事
  ・後方向け視認用のLEDテールライトの取り付け 2015.01.19記事
  ・盗難防止ロックワイヤーの装着

  ・自転車を自動車でキャリーするための、ヒッチキャリアーの装着(車に) 2014.4.06記事

最近4000kmを超えたなぁと思っていて何かメンテをしなきゃなぁと思っていた矢先、会社の駐輪場に留めて置き、さぁ帰ろうと乗ったらガタガタガタ、なんだろうと思ったらパンク。

自転車屋さんまで歩くとソコソコ距離があるので、パンク修理剤を使うことにした。

初めて使ったが、なんとか膨らむモンです。タイヤの横あたりから修理液が少し出た。この辺りがパンクなんだろうと思いつつ、走行はこのまま保ってくれ、と祈りつつ走る。

約1km走行、、、保った。修理屋さんで見てもらうと、第一に言われたことは修理剤を入れたら、パンク修理できません。

これ本当ですか?
(webでググルと、きれいに洗うなどすれば修理できなくはないようですが、修理する側から見ると、余計な作業が増えるし、時間がかかるし、バルブのあたりなど完全に除去できるか保証はないし、、、プロ的には「できない」でいいのかも)

ま、4000km乗っておりチューブを変えようと思っていたので、そうですかと返答した。

タイヤも危ないので状態はどうか聞いてみる。私の見た目では頂点部がかなり磨耗しているが、自転車屋さんの見立てでは、タイヤのサイドが弱っているとのこと。

これも交換することにした。

ググルと3年、3000kmが目安と分かった。なるべくしてなったパンクかも。

なお、後輪の負荷が前輪に比べ7割くらいらしく、逆に言うと、今、後輪タイヤ交換したので、前輪はあと1年くらいは持つと予想している。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 1日 (木)

飛行船、Blimpものつくり(60) Panasonic DMR-BR580 HDD ハードディスク交換 (3) 500GBを1TBへ

飛行船、Blimpものつくり(60) Panasonic DMR-BR580 HDD ハードディスク交換 (3) 500GBを1TBへ

1月26日記事からの続き

HDDの交換をしました。

直後の録画で再生映像が瞬間止まるという経験をして、本格的に悪いのかどうか見極めていました。

その後、予約録画などをして調子を見ており、今のところDRモードとHBモードしか試していませんが特に問題はないようです。

今回、バイナリーデータの書き換えなども自分ですることなく、ただ購入して交換するだけ、販売の方のサポートも受けられ、気軽にできたことは本当に感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月26日 (金)

飛行船、Blimpものつくり(59) Panasonic DMR-BR580 HDD ハードディスク交換 (2)

飛行船、Blimpものつくり(59) Panasonic DMR-BR580 HDD ハードディスク交換 (2)

昨日の記事からの続き。

HDDが到着したので早速交換作業に着手した。

到着したHDD。レターパックプラスを選びました。エアークッションを多く入れていただき感謝。
Dsc05182s

 

左が今回到着した交換するHDDで1TB。東芝製で型番はDT01ACA100。
Dsc05186s

取説が付いていて親切。
Dsc05195s

 

左が交換する東芝、右が交換前のWDのHDD。
Dsc05188s

 

交換が完了した全体シャーシ。
Dsc05191s

これに上カバーをつけて前カバーをつけると元に戻る。

さて、無事にHDDを認識して修理兼換装ができて1TBのレコーダーに復活するか!!!

まずは、ACコードをつなぐと、何もしないのにplease waitがディスプレイに出て文字が流れ、これが止まらない。ま、イニシャライズなので5分くらいだろうとタカをくくったが、15分経ってもそのまま。

しびれを切らして電源コードを抜いて、また入れてHDDを認識しているか、フォーマットコマンドまで持って行くが、こんな感じ。

Dsc05194s_2

あ~ぁ、エラーです。これでは何もできない。

実はここでマニュアルが実にヘルプでした。BR580は以下の手順が必要と書いてある。

1)交換後電源を入れるとPlease Wait の表示が出てイニシャル動作を実施。
  一旦、電源が自動でOFFになる。その後改めて電源を入れる。

2)その時BR580は番組表のボタンを押してONにする

3)その後、番組表が現れるので戻るボタンで戻ってから、スタートボタン->そのほかの機能->初期設定->HDD/ディスク->HDD設定->HDD管理(決定を3秒以上長押し)->HDDのフォーマット->はい->実行

とボタンを押してHDDのフォーマットを実施する。

ONにするコマンドボタンがが番組表ボタンなんて、このマニュアルがなかったら永久にわからない。

これを何度も読み直して現状を推定したことは、イニシャル動作が終わっていないだろう、、、とにかく please waitを出す。

電源コードを抜いたり挿したりあちこちボタンを押してこれが再度出た。なので、今度は時計表示(=OFF)になるまで放置することにした。

しかし、なんと今度は5分ほどで時計表示が出た、、、万歳。多分、イニシャル動作が終わっているはず。

その後、番組表ボタンからスムースにフォーマットコマンドに入り、ついにフォーマットができた。

恐る恐る番組を録画してみると、、、できた!!!。

録画残時間を見るとXPモードで230時間ほど、もとは110時間くらいだから2倍になった。

これくらいの事態は予測するというか、覚悟できなければ実施すべきではないんですが、それはわかってますが、、、とにかくめでたし、めでたしでした。

ただ、録画を再生すると、画面が2秒ほど停止する事態が3回ほどおきた。原因は今のところ分からないので、このまま様子を見ることにする。

続報をしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月25日 (木)

飛行船、Blimpものつくり(58) Panasonic DMR-BR580 HDD ハードディスク交換 (1)

飛行船、Blimpものつくり(58) Panasonic DMR-BR580 HDD ハードディスク交換 (1)

前の記事、1月16日で、故障したことを書いた。番組がうまく録画できない症状としてハードディスクの故障を推定した。

初めてのHDD交換をもくろむが、推定が外れるとつぎ込んだ費用がごみ同然になるので抑えることも考えながら。このリスクはあるものの、ここは自分を信用して実行に移す。

まずはどうしたら交換可能か、まずレコーダーを少し分解してHDDのメーカーや型番をみることにした。

Dsc05180_2s

WD5000AAVS  ウエスタンデジタルのAV用のHDDでした。

それからwebで調べると以下のことが分かった。

1)HDDをそのまま交換しようとすると10年前のモデルなので中古しかない。しかし、値段がが28,000円とかで、べらぼうだ。エディオンで修理に出すと25,000円なのであり得ない。

なお、同じHDDならば交換すればよいように思えるが下記2)のリスクがあるとわかった。

2)次に交換法を書いた記事を見ると、HDDコピー機とバイナリー編集が必要なことがわかる。ディーガはHDDの内部データーのヘッダーを見てパナのIDと容量をチェックしているようだ。パナのIDがないと同じ型番でも何らかの変更対応が必要になる。

なお、何らかの理由で2013年以降の機種は無理らしい(*)
*:読んだ記事には増量アップ交換が無理とあり、同じ容量ならば交換可能かもしれないが、今のところ不明   

3)そこまでするならば、容量アップも可能になる。

4)レコーダー用HDDはPC用HDDと少し命令セットが違い、どうもエラー対応などで映像を途切れないよう早くしているようだ。なので、AV対応のHDDを選択するほうが望ましい。

5)そうこうしてネットを探していると、こんなサイトに当たった。見るとディーガHDDの交換方法が説明されていて、かつバイナリー編集をしたHDDを販売可能とある。

http://plcseigyo.com/other/post-5000

すごい、こんなことがあるんだと思いながら早速1TBを注文した。AV対応か?これはもう試してみるしかないし、販売をしているので動作を信用するしかない。

Dsc05181_2s

分解後HDDのシャーシを外した。HDDの部の4本の取り付けねじが見える。 これらを緩めれば、HDDがはずれる。

HDDが着いたら交換し、また、途中の方法や顛末などを記事にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

飛行船、Blimpものつくり(57) Panasonic DMR-BR580 DMR-BRT1030

飛行船、Blimpものつくり(57) Panasonic DMR-BR580 DMR-BRT1030 

家のブルーレィレコーダー DMR-BR850が故障した。2010年の購入で約7年お世話になった。

テレビがPanasonicでビエラリンクを使っているので、テレビ置きの密閉したキャビネットの中で使っていた。

閉空間で温度が厳しいかもしれないが、7年強でハードディスクが壊れたようだ。録画をすると1番組が10番組くらいに分割して録画され、その間も少し録画失われる場合がある。視聴が困難になってきたので最新機種を探した。

約8年前の当時としてはフルハイビジョン対応のブルーレイが話題で、これはBD-REにも録画ができた。フルハイビジョンでビデオレコーダーからも録画ができて、それを目的にもこれを購入したと記憶している。同時発売の機種で最小HDD容量が250GB、最大が1TBなので、上から2番目の機種になる。

今回選んだ機種がDMR-BRT1030。

Image2

約8年で進化した点は、なんといってもキャッチフレーズにもなっている

1)おうちクラウド だろう。このレコーダーがパ-ソナルクラウドデータサーバーみたいになるのはすごい。

スマートフォンアプリの「どこでもディーガ」(主にandroid)でここに保存したデータ、音楽、写真、動画、に外部にあるスマホからクラウド経由でアクセスができる。さらにリアルタイムに放送番組も外部で視聴できる。

簡単に言うと、ワンセグやフルセグの機能を持たないスマホから番組の視聴ができるということです。NHK受信契約はこのディーガのみでOK、、!?、、受信契約に関してはこれ以上説明しませんが・・・・。

2)4K動画の録画対応
今時のビデオカムコーダーやアクションカメラは4K対応になっている。これを録画できるデバイスがなかなか出現しなかったが、ここ数年で対応してきた。

最近出てきた
3)Ultra HD ブルーレィ の4K/HDRに対応している。簡単に言うと4Kコンテンツ(映画など)の再生ができるということです。ただし、これは上位機種のDMR-UBZシリーズのみですが。

今回購入のBRTシリーズでは4Kインターネット動画の再生には対応していないようですが、今後確認します。

今後4K放送が本格化すると予想しますが、このレコーダーでは受信ができません。が、昔のハイビジョン番組のように外部に専用受信機をつければ可能なのか、どうやっても無理なのか、今のところ情報はありません。

ま、当面、地デジ、BS放送、4Kカムコーダーから録画ができれば、相当満足です。

今回、設定してみて、WiFiがあるのは相当便利だった。今までの有線LAN接続では引き回しが鬱陶しくて配線していなかったが、今回、家の無線LANへの接続は簡単だった。

LAN接続を考えた場合、今どきはこうあるべきですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

blimp: モーターパラグライダー、パラモーター(421) 石川県内灘フライト 歌唱王 DJI OSMO 4K映像

blimp:  モーターパラグライダー、パラモーター(421) 石川県内灘フライト 歌唱王 DJI OSMO 4K映像

新年早々いい話があり、私がパラモーターで全国の各地を飛ぶ中で、石川県内灘砂丘を飛んだ時の映像が採用されました。

金沢TVの予選を勝ち抜いた内灘出身の方の紹介映像で採用されました。

A

これはDJI OSMOで撮影した4K動画映像の一部です。(TVからのキャプチャーなのでフルHD相当)。

パラモーターは常に少し揺れるはずで、そしてカメラは手持ちですが、映像は非常に安定しています。ヘリコプターからのジンバル付カメラから撮る映像に匹敵しています。

ヘリ撮影のハードウエエアの価格が1億円オーバーから見れば、パラモーターとカメラの簡単な100万円くらいのハードウエアでここまで撮れるのには感激します。

右下に着目して!!  by blimp とテロップが入っています。

ありがとうございました。

なお、最近はドローンが注目をあびていますが、この映像を撮れるか?

撮影時の高度は100mくらい、ドローン高度規制の地表から150m以下、これ以内ですので、ドローンは許可なく飛べます。

従い、このピンポイントの映像を地表から想像できる人で、かつそれらしき当たりをつけてドローンを何回も根気よく飛ばせる人は、可能かと思います。

ですが、OSMOをもって空中に上がり人が目で探索をしながら、1時間から2時間飛行でき、4K映像で流し撮りを続けるパラモーターから比較すると、費用と時間は相当なものになると想像できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

blimp: モーターパラグライダー、パラモーター 2018年 Wish You a Happy Safe Flight

blimp:  モーターパラグライダー、パラモーター 2018年 Wish You a Happy Safe Flight

 Photo_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月25日 (月)

Blimp: ニッケル水素電池・リチウムイオン電池の実力を見る(425) 電動バイク glafit GFR-01 (19) 走行Impression(6) 

Blimp: ニッケル水素電池・リチウムイオン電池の実力を見る(425) 電動バイク glafit GFR-01 (19) 走行Impression(6) 

ユーザーとしての記事は12月10日からの続きになります。

私のglafitの写真、いい天気と休みがなかなか重ならなくって、やっと撮れた。

Dsc05155_r

今のところ特別なオプションはなくて、ワイヤーキーを装備したのみ。

現在約60km走った。11月29日からなので3週間になり、1日平均が3kmになる。

Dsc05152_r

電動アシスト自転車の時より伸びていない。理由は簡単で、往復7kmの通勤に使用した回数は3回しかないから。

通勤で試してみたところ、glafitの良さが出ない。(GF:Glafit  EAB:ELECTRIC ASSIST BICYCLE =VIENTA)
① 街中のため一方通行が多く、EABなら近道できるところが、GFではできない。
② 片側一車線の道路が多く、EABでは歩道を通るところがGFではできなく、路肩走行は狭くて危ない。
③ 通勤時間は行きがほとんど下り坂ですがEABが13分のところGFでは11分。帰りはほとんど上りになるがEABで17分、GFで15分。ほとんど差がない。

行きはEABで最高速38~40km/hくらい出るが、GFは36km/hくらいで頭打ちになりなんとなく電動モーターのブレーキがかかる感じ。上りはGFの最高速は18km/hくらいまで下がり、EABの16km/hと差がほとんどない。結局、平坦路での速度、EABが19km/h、GFが25km/hの差がわずかの時間の差になる。

結論的に、
① 交通の激しい道路ではGFは原付やバイクのようには考えず、走行をあきらめる。
② 交通量が少なくて路肩がしっかり広いところを選んで、そこでの移動手段に使う。ですので、たとえば私の家の周り、片側2車線の道路で路肩もしっかり幅が取られているので、安全に走行できる、または観光先などで狭くって自動車が徐行して走っているようなところを選ぶなど。

Dsc05159_r

ネガキャン(negative campaign)張ってるわけではないので、良い所を記します。

なんといっても軽さとサイズ、折りたたんで車にポン、気軽に持ち運べる。静か、排気ガス・騒音をばら撒かない。

私はVIENTAを毎週家に持って帰ることをやめて、glafitを車(ムラーノ)に常時積つんでいる。
VIENTAを荷室内に積むとほぼいっぱいになるが glafitは小さいので邪魔にならない。これだと、田舎に帰るときも、VIENTAはやめてglafitになると思う。

新しい乗り物としての魁ですね。今から3年かからず、このジャンルの原付市場は大幅に拡大し、またパワーは今の2~3倍になるなど、もっと普通に走れるようになると予想します。
また、自転車の専用道路を整備するときに、このジャンル(*)の走行を含めた専用ルールを作るなど。そうすればペダルを長時間こげない人でも同じようなサイクリングの楽しみを味わえるようになるので、そのようにしてほしいです。 

*:たとえば自転車や電動アシスト自転車だけでなく、このジャンル、0.5kw以下くらいの電動バイクや三輪車の走行もOKとする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月17日 (日)

Blimp: ニッケル水素電池・リチウムイオン電池の実力を見る(424) 電動バイク glafit GFR-01 (18) 類似商品

Blimp: ニッケル水素電池・リチウムイオン電池の実力を見る(424) 電動バイク glafit GFR-01 (18) 類似商品

電動バイク/スクーターで折りたたみ可能な商品をwebで検索すると多く出てくる。

これもそのひとつ。

Image2

Image4

Image6

このショップを云々するつもりはありませんが、このような情報を見た時、これが日本でどこを走れるか、すなわち公道を走れるか、これは皆がまず最初に関心を持つことだと思う。

しかし、どこにもその情報は無い。

パッと見て、日本の公道を走れるための保安基準を満たしてないことは明らか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«Blimp: ニッケル水素電池・リチウムイオン電池の実力を見る(423) 電動バイク glafit GFR-01 (17) 走行Impression(5) 改良点の要望