2019年3月25日 (月)

Blimp: リチウムイオン電池の実力を見る(481)ココログの不具合

Blimp: リチウムイオン電池の実力を見る(481) ココログの不具合


 


2018年10月19、23、25、27日記事関連        カテゴリ:電池


最近、、、、、


 


ココログのブログを書くプログラムが刷新されて、不具合があって
更新ができない日々が続いている。


使い勝手も非常に悪く、画面指示も悪く、経験や予測では思った原稿が書けないでいる。


 


 

| | コメント (0)

2019年3月22日 (金)

Blimp: リチウムイオン電池の実力を見る(480) suaoki (8) ポータブル電源 PS5B リコール

Blimp: リチウムイオン電池の実力を見る(480) suaoki (8) ポータブル電源 PS5B リコール

 

2018年10月19、23、25、27日記事関連        カテゴリ:電池

最近ネットサーフィンをしていて、リコールの記事に引っかかった。

- - - - - -
弊社はPS5B 400Whのポータブル電源メーカーのメイヤンパワー新エネルギー有限公司です。
弊社が生産したPS5B製品の付属品のACアダプターの一部に不具合品を流出し、事故が発生したため、リコール社告を実施します。更なる事故発生を防止するため、ACアダプターの無償交換を実施しております。
対象品番:PS5B
販売時間:2017年1月から2017年5月まで

2017年5月以降の販売の製品は既に新型のACアダプターにて対応済みです。
新型のACアダプターの型番はMDA10129402000です。
この型番のアダプターはPSE届出済みです。
- - - - - -

爆発、火災事故のようです。これは困りますね、
私の場合なら、家が全焼する危険性がある。

私が購入したPS5BのアダプターはMODEL:MDA10129402000、ただ、PSE届出済みとあるがこのマークの印刷は、、、、高山企画という小さい四角の中に やっと見つけた。

Dsc09935s
出力は29.4V 2A。 概ね60Wですが、インプットは100-240V 1.8AMAX。

100Vとしても180W入力で60W出力、、効率が33%?!?、、何かいい加減。

今まで玄関で充電していましたが、今後とも近くに可燃物を置かないようにします。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月20日 (水)

Blimp: リチウムイオン電池の実力を見る(479) リチウムイオン電池他、多機能充電器 (2)

Blimp: リチウムイオン電池の実力を見る(479) リチウムイオン電池他、多機能充電器 (2)

2月10、26日記事 関連から                   カテゴリ:電池

電動バイクglafitのモバイル充電器を自作していますが、その18650リチウム
イオン電池が21本ある。
3号機を作るために購入しましたが、3ヶ月以上の放置では劣化が懸念される
電池のようで、メンテナンスが必要です。

 

 

2600mAhの電池。平均して50%くらいの容量が残っていたが、8%のものもあって
オットという感じです。

Dsc09895__1s

 

 

Dsc09898_1s

 

 

 

右が電池の付属のように付いていた充電器。左が今回の充電器。
Dsc09925s
しばらく使っていたペンライトの電池を計ってみる。
容量は75%。そんなに減っていない。
こちらの電池の容量は3000mAh。

内部抵抗が172Ω、少し高めですね。
Dsc09927s

 

0.25Aの充電電流となっている。これはこの装置の自動設定です。
Dsc09928s

18650のメンテが楽になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月18日 (月)

Blimp: リチウムイオン電池の実力を見る(478)車載用ハンズフリー機器 sanwa BTCAR002

Blimp: リチウムイオン電池の実力を見る(478)車載用ハンズフリー機器 sanwa BTCAR002

                   カテゴリ:電池

今までは、ガラ携をハンズフリーモードにしてガラケーホルダーに入れて使う。

雑音を拾うし着脱が若干面倒なので、久々にブルートゥース対応の専用機器を使う
事にした(耳掛け式も使っていたがなくした、カバンから転げ落ちたみたい)。

ネットサーフィンしていて目についたのがこれ。
sanwa 400-BTCAR002。
Dsc09887ss

どれくらいノイズをキャンセルしてくれるか、そんな機能はないのか、、
不明ですが、一応メーカー品を選んだので、使えないことはないはずと、、、

電池はリチウムイオンポリマーを使っている。
最近、よく使いますね、昔は電動ラジコン飛行機などで使っていたが
発火は自己責任で、、だったが、今は危険性が減ったのか?!?

Dsc09890s

上のイラストのようにサンバイザーにさして使う。

Dsc09891s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月16日 (土)

旅行・地域 飛行船、Blimpものつくり(70) ブログ用対象物の 撮影台 (1)

旅行・地域 飛行船、Blimpものつくり(70) ブログ用対象物の 撮影台 (1)

関連記事:2015年5月29日    カテゴリ:デジタルカメラと写真(器材や画質の比較など)

ブログに載せる時の写真ですが、最近は結構いい加減な背景になっています。

極端な話、畳の上とか、話にならないレベルになっている、、、専用の撮影台があるのに。

その記事は上記29日ですが、実は器材の紹介記事をその時載せていなかった。

Image2

Image4

 

なぜ使わないかと言うと、要はめんどくさがりですが、このまま部屋に置いておくには
場所を取り過ぎるので、通常は折りたたんでおくわけです。
そうするとチョイ撮影には準備がしんどい。
(実はあっという間に組みあがるんですけどね、照明が少しめんどいかも)

解決策はないのですが、小さいのを追加購入することにした。

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月14日 (木)

Blimp: リチウムイオン電池の実力を見る(477) ニッケル水素電池 POWEROWL(2) 放電

Blimp: リチウムイオン電池の実力を見る(477) ニッケル水素電池 POWEROWL(2) 放電

2月16日記事 関連から                   カテゴリ:電池

2セット購入している。

Dsc09874s
Low Self Dischargeと書いてある。

今回、まず購入そのままで放電をしてみた。

201903111399mah
結果は、74分13秒、1398mAh。この値からは工場での初期充電容量が
不明ですので、何も評価できませんが、工場出荷から半年くらい経過している
とすると100均レベルでは今まで1000mAhw切っていることが多いので
少し低い自己放電率なのかなぁと推定できる。

今度はフル充電して放電する。

201903121887mah
結果は、100分13秒、1887mAh。

定格が2100mAhなので90.0%だった。

もちろん、この放電はJIS規格などには沿っておらず、簡単に言うと
電池仕様がどうあれ、俺は1A流す機器(サーチライトとか)に入れる、
そういう目で試験しています。
ですから放電電流はいつでも1Aです。

eneloopは公称min.1900mAhですが、同じ試験でeneloopは1900mAhを
上回ってくる。
普通公称の95%をmin.としているので、これを1995mAhがmin.と
考えて、測定値の満足率は94.5%になる。
これは5%のサバ読みとなるが、正式な試験ではないので
ほぼOKレベルとみる。

自己放電性能はeneloopはsanyoで5年、panasonicで1年経っても
すぐ使えるのキャッチコピーですが(70%の容量を確保)、
こっちは3年、ですが、どれくらいサバ読んでるか、ですね。

今後、満充電後、半年保管して放電してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月12日 (火)

Blimp: リチウムイオン電池の実力を見る(476) suaoki (7) ポータブル電源 SUAOKI PS5B、 藤倉ポータブルBA-155 (2) webetop

Blimp: リチウムイオン電池の実力を見る(476) suaoki (7) ポータブル電源 SUAOKI PS5B、 藤倉ポータブルBA-155 (2) webetop

2019年3月6日記事の続き (2018/10/27など) カテゴリー:電池

友人から藤倉BA-155を購入してくれと頼まれ、、、、

しかし、webを見ると同じと思しき製品が販売されている。
Image2_3

異なるところはAC100V出力部が国際各国規格に対し、BA-155は
日本仕様のACコンセントが2つ。
また、3月6日に記事の製品は、農業酪農地域などで有名な ===== で販売しており、
これはソーラーパネルとセット販売になっている。

逆に言うと同じ仕様。

さっそく到着した。なお、右のソーラーパネルが中国からの販売で同じものが
探索できず、藤倉の製品をwebで販売している店から購入した。
Dsc09844as

Dsc09853rs

藤倉BA-155の外観
Image7_2

 

webetopの外観
Makanainc_wtg0155_1

 

ポータブルソーラーパネルに接続した。
Dsc09870s
もちろん室内なので充電はできていないが、充電中はインジケーターが点滅する。

充電池側のセンターは電圧計と充電インジケーターになっている。
Dsc09862s

Dsc09853b

Dsc09853b_2

Dsc09853bc

Dsc09853d

本体もソーラーパネルも非常にコンパクトです。
ですので、そこらにほっておいてもめちゃ邪魔とは思わないし、
これが災害や事故で停電すれば瞬時に役立つ。

注意点は、
1.多分マンガン系リチウムイオン電池と思われ、自己放電は
  大きいほうで、かつ長期間ほっておくと電池内部の化学変化から  
  劣化物質が出てくるので、2~3ヶ月に一度は充電のこと。
2.上のQ&Aはいい加減なことが書いてあるので注意。
  モータは駆動時の起電流が大きく、ひ弱なDC-ACインバーターでは家庭用冷蔵庫や
  ドリルなどは使えません。
  また、普通過電流保護回路があり、過電流時には出力が0Vになります。
  しかし、これにそのような回路が組み込まれているかどうかは不明です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月10日 (日)

旅行・地域 飛行船、Blimpものつくり(69) USB加湿器 、AC100V仕様でもっと加湿量を

旅行・地域 飛行船、Blimpものつくり(69) USB加湿器 、AC100V仕様でもっと加湿量を 

2019年2月20日関連記事  カテゴリ:デジタルカメラと写真(器材や画質の比較など)

京都の寺町で見つけて以降、USB加湿器を2つ買ってしまった。

で、ですが、やっぱり少し加湿量が少ないことに気がついた。なお、最初の品(1月
15日記事)は不良品で、ランダム数時間で勝手に停止する。

1月9日記事で、まともな加湿器を買った記事を載せていますので、合計3台。

しかし、何をか言わんや、4台目を買ってしまった。

2月20記事のモノがLEDがきれいで、見ていて癒されるので今回は外観とLEDが
きれいそうなものに絞った(しかも廉価で)。

Image7

Image9

Image11

Dsc09835s

Dsc09836s

弱で運転。
Dsc09837_1s

強で運転。
Dsc09841_1s

前のUSB加湿器のようにLEDの色が変化するのかなぁ、と思ったが
期待はがはずれて、青色のみ。

ですが、使ってみると、水が見えて水面やカバーが微妙に青色を反射させるのと、
加湿噴霧が通過する筒も透明なので、水滴が落ちていくのが見えて
何となく癒し感がある。

インテリアとしても寝室でも、いい感じと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 8日 (金)

Blimp: リチウムイオン電池の実力を見る(475) SUNWAVEガスコンロ 電池式 故障 分解 とんでもないことに (2)

Blimp: リチウムイオン電池の実力を見る(475) SUNWAVEガスコンロ 電池式 故障 分解 とんでもないことに (2)

3月4日記事の続き                          カテゴリ:電池

電池、単一、2本で着火するのがわが家のガスコンロ。

女房が、火勢をツマミでコントロールできないと言うので、分解掃除をした。

理解したのは、予想したことではあるが、ツマミ部分のセンシング構造の掃除が必要で
それ以外の部品の掃除では事態は改善しない。

分解してみると、ツマミ部分は、プラスチックの箱に囲まれており、分解掃除は容易でない。
(前記事の写真の通り)

で、事態の改善策として部品クリーナーとエアークリーナーをツマミの隙間から内部に噴射することにした。

1回目:右側手前の火口の火勢制御が回復、しかし中央の奥の火口がまだ回復しない。
で、もう一回、クリーナーの噴射を試すことにした。

2回目:中央のツマミを中心に部品クリーナーの注入を行い、すぐにエアーブローする。

で、着火、、、、(アット、、待たなきゃぁ、、、) 早い、早い、早い、、、、 

結果、ボーンと火柱が上がった。その高さ50Cm以上、、、やばい、、
ガスの元栓はオープンのまま、、、すぐ閉じる、、、、。

幸い、場所が台所なのでカーテンなどの可燃物はない。

2分ほどで鎮火、、良かった(3月4日記事の最初の写真は実は発火鎮火後)。

札幌の事故じゃないけど、もうパーツクリーナーは使いたくない。

それと、今回、ガスに引火していたら大惨事はまぬがれない。

<教訓>
 ・ガス周りとスプレーは電気よりはるかに怖い。
  (電気も電流で100Aとか、電圧で500Vとかなると同じくらい怖い)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 6日 (水)

Blimp: リチウムイオン電池の実力を見る(474) suaoki (6) ポータブル電源 SUAOKI PS5B、 藤倉ポータブルBA-155

Blimp: リチウムイオン電池の実力を見る(474) suaoki (6) ポータブル電源 SUAOKI PS5B、 藤倉ポータブルBA-155

2018年10月31日記事の続き (10/09、10/23、10/25、10/27など) カテゴリー:電池

PS5Bを購入して使っていますが、いまだ、主だった出番がない状況ですが、
一度あったのが、車の空気を入れるために使った。

過去、車のバッテリーがへたりかけていて、かつハザードを使って駐車していて
バッテリーが上がったとか、車中泊で電気毛布を使ったとか、この時は今も持っている
ディープサイクル鉛バッテリーが活躍した。今は車のバッテリーが新しいとか、
車中泊の機会が少ないとかで、あっちもこっちも出番が少ない。
ですが、地震や水害などで停電が起きた時には、頼もしい味方になることは間違いない。

さて、最近こんなカタログをもらった。

Image7

fujikura とあるのでnet検索してみると 出てきた。

Image2

Image4

SUAOKIが400Whに対し、これが155Whとかなり小さいが、ほぼ同じ機能を
備えている。AC100V疑似波、USB出力、DCピンジャック、ソーラー充電、ライト照明。
suaokiはライトは無いが、AC100V純正弦波、車用シガーライタージャックも備える。

なお、これは疑似波であり、機器が50Hzオンリー対応の場合は使えないとあるので
要注意ですね。

日本でピンジャックの使用法が今一わからないが、同じHPのビデオに
こんなのがあった。

Image11
右前ですが、こんなDCプラグでIN、メスを備えた機器もあるんですね。
ただし、本体のDCジャックはメスなので使うにはオスのピンジャックが必要になる。
これを付けた機器をネットで探したが見当たらない。
この端子はどう使かうんだろ、、オスジャックを使ってコードを自作しか手がないかも。

左はソーラーパネルを本体につなぐケーブルです。ピンのオスとなっている。

<全体所感>
カタログから判断する限り、ちょっと素人向けすぎる仕様かなぁと思う。
容量が小さい、AC100Vが疑似波、ソーラーパネルが30W出力、、、、
値段はソーラーが付いている分、suaokiより少し安いが、コスパは悪い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«Blimp: リチウムイオン電池の実力を見る(473) SUNWAVEガスコンロ 電池式 故障 分解 とんでもないことに (1)