2019年1月23日 (水)

Blimp: リチウムイオン電池の実力を見る(494) 電動バイクGlafit ミラーブラケット折れ

Blimp: リチウムイオン電池の実力を見る(494) 電動バイクGlafit ミラーブラケット折れ

12月30日記事の続き    カテゴリ:電気自動車/電動パラモーター

機械設計エンジニアの視点から見てglafitはいくつか懸念点がありますが、
その一つがミラーとウインカーを取り付けるブラケットです。
素材が軟鋼の部類と思われ、とにかく強度不足です。ヘニャヘニャ曲がる。

案の定、割れてきました。
Dsc04632s
写真はついに折れてしまい、手で支えて撮っています。

glafitに電話したところ、写真を送ってもらえれば近くのスーパーオートバックスなどで
交換するとのことであった。
ただ、近くにお店がないので送ってもらえますかと聞いたところ、交換品を送るとのこと。

対応が良いので今のところホッとしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月21日 (月)

旅行・地域 飛行船、Blimpものつくり(69) DJI OSMO Pocket 3軸ジンバルカメラ (7) アクセサリ

旅行・地域 飛行船、Blimpものつくり(69) DJI OSMO Pocket 3軸ジンバルカメラ (7) アクセサリ

2019年1月17日記事の続き    カテゴリ:デジタルカメラと写真(器材や画質の比較など)

昨年12月28日の記事でUSB-C ⇒ マイクロUSB のアダプタを介することを紹介しましたが、このままでは持ち運べない。

そこでアクセサリを調べると、やはり同じことをメーカー側でも考えたようで、スマホ保持のアクセサリーが用意されていました。

Image6

ただ、私が使っているのはnexus7でサイズが大きく、使えるかどうか分かりません。

webを見るといろいろなアクセサリが用意されているようです。

これが4点キット。nexus7がmicroUSBなのでワイヤレスを使うのも手です。
またOSMOも使っていることもありレンズの方向を決めるボタンが無いのは
使い勝手が悪い。なので、コントロールホィールも欲しい。
Image14
ワイヤレスモジュールはUSB-Cポートを備え充電可能。

その他、
1)充電ケース(下の写真参照)
2)自撮り棒
3)NDフィルターセット
4)φ3.5mm音ジャックアダプター
5)防水ケース(水深60m)
6)アクセサリーマウント(どこかにpocketを取り付けるアダプター、スポーツカメラ用アクセサリーに対応)
7)クイックリリースベース(6)の更に土台となるベース)
8)液晶保護フィルム、
9)マウントアダプタ(下の写真参照)

20190120

6)のマウント
Image19

9)のマウント
Image23

いくつかは購入することにして、
スマホホルダー、nexus7用は、ないので自作することにしました。

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月19日 (土)

旅行・地域 飛行船、Blimpものつくり(68) sanwa 防犯カメラ CAM061 (2) 設定 実際の映像

旅行・地域 飛行船、Blimpものつくり(68) sanwa 防犯カメラ CAM061 (2) 設定 実際の映像

昨年12月18日記事の続き。    カテゴリ:デジタルカメラと写真(器材や画質の比較など)

設定の意味がなかなかピンと来ず苦労しています。

1)連続撮影
   10枚まで連続撮影とあるが、間隔は指定できないみたいで、概ね3枚/秒でした。

2)録画時間長さ
   説明では1ファイルあたりの動画時間を指定する、とあるが、
   なぜこれが必要なのか意味が分かりません。
   設定した時間ごとにファイルを分割するようです。
   とりあえず30秒としています。
   私なりの理解としては、動体検知後30秒間撮影すると理解しています。

3)シャッター速度とか絞り値の設定
   できないようです。f=2.0で固定。絞りは自動。

4)モーション感度
   人感センサーの検知の敏感さですね。高、中、低とある。

Image2

実際の映像  (右の数値はシャッター速度)

Image221/30

 Image241/30

Image261/288

気がついた点は
1)センシングから0.6秒後から撮影開始になるため、歩いている人でも
  画面の端っこのほうに映っている。
  これが、自転車などであれば、端っこにわずか映っているか映らないかくらいになる。
  鳥は映っていないない。
2)シャッター速度が1/30が最高に感度(露出)が高くなる(=シャッター速度が最低)ほうのようで、そのために動く被写体が振れる。
3)人感センサー到達20m、赤外線ランプの到達距離も同じ、共にすごいですね。
  遠くの被写体をばっちり捕らえている。

もうちょいシャッター速度がほしかったが、しかたないか。
概ね合格点をあげたいと思います。

なお、レスポンスタイムが正面向けのセンサーでは0.6秒ですが、ワイドの左右センサーを働かせると0.2秒になるようで、今後試してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月17日 (木)

旅行・地域 飛行船、Blimpものつくり(67) DJI OSMO Pocket 3軸ジンバルカメラ (6) 使い方 画質

旅行・地域 飛行船、Blimpものつくり(67) DJI OSMO Pocket 3軸ジンバルカメラ (6) 使い方 画質

2019年1月13日記事の続き    カテゴリ:デジタルカメラと写真(器材や画質の比較など)

マニュアルのあり場所の回答はいまだありません。

一方、webで調べると何となく分かってきました。

英語のチュートリアルビデオは、ま、言っている事は分かりますが、早くてメモができません。

概ね要約すると;

①タッチ画面をワイプしするといくつかのメニューが現れます。それを試すことで、
 主な機能が理解できます。
 下から上へのワイプ
  ・中央へヘッドを向ける。
  ・セルフィー(自分撮り)
  ・低速/高速の切り替え
  ・ヘッドの制御モード、固定ー>FPV->フォロー

 右から左へのワイプ
  ・写真ー>動画ー>タイムラプスー>モーションラプスー>パノラマ
  ・解像度切り替え

上から下へワイプ
  ・設定画面をタッチ
  ・バッテリー、キャリブレーション、チルト制御、自動電源OFF、ストレージ、
   アクセサリー、ちらつき周波数、その他(リセット、デバイス情報)。

設定画面を右から左にワイプすると
  ・比率切り替え
  ・ブライトネス

同じく、左から右へワイプで
  ・インテリジェント

レンズ方向、チルト
ホーム画面(撮影画面)で右側の上下がバーチャルスティック、これを操作。

右にワイプで再生モード

その他;
1)ペンライトモード
2)ポートレートモード
3)吊り下げモード
4)パノラマモードは180°と360°の2種

まだ、いくつかありそうで、今後追記します。

仕様
Image10

 

4K動画の切り出し画像

Image2

画面のコピーのため画像は1600x1200ですが、オリジナルは4K動画です。
単焦点レンズらしく画像はしっかりしていて、色合いも、青空がそこそこ再現されています。
Image4

困り事;
1)私の親機はnexus7でスマホより大きく、接続したまま全体を持つ場合、
  pocketが延長アダプタのみでnexusにぶら下がるような感じになり
  なんとも不安定なハード構成となる。
  アクセサリーを見ると、スマホ用の固定アダプタがある。
  しかし、nexusの大きさに対応しているかどうか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月15日 (火)

旅行・地域 飛行船、Blimpものつくり(66) USB加湿器

旅行・地域 飛行船、Blimpものつくり(66) USB加湿器

カテゴリ:デジタルカメラと写真(器材や画質の比較など)

いつもの店ですが、10代から通うマルツ電波。うろうろしていたら面白いものを見つけた。

Dsc04657s

純粋な中国製品ですね。中国語からの英訳が意味不明なところが多い。
Dsc04658s

人間から30m離れたところに置いてください。 ???
Dsc04659s

仕様:
    DC5V、2W、40ml/h、適合広さは5㎡。

1月9日記事のハイブリッド加湿器とは、機能も価格も対極にある製品ですが、それなりに機能するところが面白いですね。

Dsc04660s
イルミネーションもあり、いい感じです。0.1Aくらいの電力消費なので0.5Wですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月13日 (日)

旅行・地域 飛行船、Blimpものつくり(65) DJI OSMO Pocket 3軸ジンバルカメラ (5) 2019年初詣 使い方

旅行・地域 飛行船、Blimpものつくり(65) DJI OSMO Pocket 3軸ジンバルカメラ (5) 2019年初詣 使い方

12月28日記事の続き

1月1日に初詣の場所として、石清水八幡宮に行ってきた。もちろんOSMO Pocketをもって。

行く前に操作マニュアルをネットで探しましたが日本語版はおろか英語版も見つかりません、何ということか。

画面をワイプしているうち、何とかそれなりのメニューに当たる。

しかし、いまだにわからないのが、カメラヘッドの動かし方。

まだ、マニュアルがどこにあるか問い合わせているが、電話で聞くと、右ボタンの2回押しで中心に目標を向けるようです。

でもでも、私のPocketはそうならない。なんで?

ファームウエアのアップデートはまだしてないので、まずはこれからですね。

写真のショット。

Image4a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月11日 (金)

旅行・地域 飛行船、Blimpものつくり(64) HD Compact ドライブレコーダーどれくらいのクオリティか (2)

旅行・地域 飛行船、Blimpものつくり(64) HD Compact ドライブレコーダー どれくらいのクオリティか (2)

1月5日記事の続き

カメラを手持ちですが、画像を撮ってみました。

Image1

Image2

HD(2K:1980x1080)の設定ですが、エクスプローラのプロパティでは1280x960を示す。

また、画像はHDの品質とは思えない。

なお、テブ振れ補正はソフトウエア的に入っているようで、細かい振動は除去される。
しかし、強力ではない。

表示解像度の件は、もしかしてバッテリー駆動が原因かもしれないので、
シガーライター駆動(正規状態)でトライします。
正式に電源を接続して設定を1080Pとして再度撮影した。エンジンをONにするとREC状態になる。これは正常。

Image3
画像のピクセル数、、結果は同じ、1280x960。
これはQuadVGAと呼ばれるモード。なお、QVGA(Quarter VGAは320x240)。

画像サイズ:
スペックにはHD(1980x1080p)を謳っているが、このモードにしても実際はHDではなく、QuadVGAだった。
説明書を誤訳したか、最初からそのつもりか、分かりません。

画質:
上記のようにディテールがつぶれまくっている。センサーもレンズもソフトウエア処理も
最低レベルですね。

この値段、いつも訳ありの商品。ですので驚きませんが、、、動くだけ良し、としなくてはいけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 9日 (水)

旅行・地域 飛行船、Blimpものつくり(63) ハイブリッド加湿器

旅行・地域 飛行船、Blimpものつくり(63) ハイブリッド加湿器

エアコンを暖房モードで運転しながら就寝するとのどがからからになる。

そこで、久々に加湿器を調べたらハイブリッドなるものがある。何?

どうも従来の方式、超音波で水をはじいて噴霧するものと、ヒーターで蒸発させて
霧を大気中に出すタイプの両方を兼ね備えたもの。


Dsc04598s

純粋の日本ブランドはもうないかと思ったが、panasonic、sharp、三菱重工、ダイキン
などがあるようです。日本性はナノイーとか空気清浄機と合体させたものが多い。

もちろんネットで見ると主に中国製の製品が多く、今回の品選びには、準日本ブランドで、
1万円以上、ハイブリッド、湿度センサー付きで湿度自動コントロール、とした。
もちろんピンキリですがちょっとそれくらいにしておかないと使ってみてがっかりするので。

Dsc04600s

過去購入したのは、電気ストーブについているとか、水噴霧とか、
いわゆる、バカチョン式の加湿器ばかり。すぐに使うのを止めてしまったが。

今回は、初めて買う自動タイプ。
使ってみると良いですね、設定した湿度に達すると自動停止する。
Dsc04601s

リモコンも付属していて使いやすい。

いい製品と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 7日 (月)

blimp: パラモーター(293) モーターパラグライダー、番外 2018 紅白 米津玄師 菅原小春 なぜ庶民の生活を中継しない

blimp:  パラモーター(293) モーターパラグライダー、番外 2018 紅白 米津玄師 菅原小春 なぜ庶民の生活を中継しない

2018年7月22日以来の番外カテゴリーです。

年末年始は私の個人的ドタバタがあってやっと7日遅れで年末年始の雰囲気に浸っていて、録画した紅白歌合戦の録画ビデオを見ています。

紅白歌合戦につき、年が明けてwebをチラッと見ると、特に後半は良かったと言う批評が多く、興味をひかれつつもやっと録画した番組を見て思いに浸っています。

米津玄師さん、私くらいの年代になると、と言っていいのかな、、初めて歌を聞きます。一方、小春さんはここ数年追いかけていて、映像を見ていても私に違和感はありません。

逆に、彼女を知らない玄師ファンとかにとっては違和感があったようで、怖いとか、そのような評価です。

でも、何というか、両方のアーティストにとって思い出の残る録画になって私もうれしいです。

小春さんは、従来のバックダンサーの意味合いを打破しようとしています。2018紅白の各、紅白対戦を見ていても明らかですね、今は、共演です、歌手だけがメインではない。

そのような意味で今年の紅白はアーティスティックに面白かった。

なお、個人的は、昔のような、日本各地の現場をつなぐ生中継があるべきと思う。今や、それがほとんど税金的に支払うような意味合いの放送料を徴収するNHKの責務だと思う。それがほとんど無いのは残念です。 

NHK内部の視聴率を気にする人は、ダサい、と思うのでしょうね。でも、それは違うと思います。税金を払っている人が主役であるように、放送料を払っている視聴者が主役であり、年に一度はくらいは映像の主役であるべきと思います。

ただ、番組全体のエンターテイン的な雰囲気がそぐわれないように、その時間は短時間に凝縮すべきとは思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 5日 (土)

旅行・地域 飛行船、Blimpものつくり(62) HD Compact ドライブレコーダーどれくらいのクオリティか

旅行・地域 飛行船、Blimpものつくり(62) HD Compact ドライブレコーダー どれくらいのクオリティか

いつものディスカウントショップめぐり、、、今日の目に付いたのは 1299円のドライブレコーダー。
いつものことですが、期待はしていませんが、実力は如何ほどかと思って購入した。

Dsc04637

Dsc04638

内容はこんな感じ。DC12V-24V入力可能なデデコンが付いている。出力は5.0V。
Dsc04643s

カメラ本体。FULL HD とある。マイクも付いている。要は巷にある安価なビデオカメラユニットを内蔵しドライブレコーダー風に仕上げた製品と見える。
Dsc04646

説明書の日本語はしっかりしており、日本人が関与していると思われる。
Dsc04649s
150mhのリチウムイオン電池を内蔵しているのにはびっくりした。
電源周波数って意味不明ですね。電源はすべてDC(=直流電源であり、周波数は
普通無くて、0Hzとも表記するが)であり周波数はない。要は周波数に関係しないと言いたいのかも。

エンジンONですぐに録画とあるが、設定するところがない。かと言って、電源ONで
録画するかと言えばそうでもないみたい。

今後検証します。

Dsc04656s

どの程度の機能や品質があるか、楽しみですね。

(1月11日記事に続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«Blimp: リチウムイオン電池の実力を見る(464) 電子負荷モジュール DC100V 10A MAX100W こっちも破損