« blimp: モーターパラグライダー、パラモーター(405) 琵琶湖クロカン 2時間以上のフライトを目指す   結果は墜落 (1) | トップページ | blimp: モーターパラグライダー、パラモーター(407) 琵琶湖クロカン 2時間以上のフライトを目指す   結果は墜落 (3) 事故原因の推定 »

2016年8月 6日 (土)

blimp: モーターパラグライダー、パラモーター(406) 琵琶湖クロカン 2時間以上のフライトを目指す   結果は墜落 (2) 原因の推定 ビデオ映像 フラットスピン

blimp:  モーターパラグライダー、パラモーター(406) 琵琶湖クロカン 2時間以上のフライトを目指す   結果は墜落 (2) 原因の推定 ビデオ映像 フラットスピン

7月18日は普通のクロカン飛行を行っていただけに痛恨の結果になってしまった。

証拠類を探すが、自分にわずかな記憶しかなく、そして残念ながら足につけていたDJIのOSMOビデオカメラをなくしてしまった。

また、頭に付けていたアクションカメラにはわずかな映像しか残っていなかった。

まずはここに掲載する。

いつもの風景だ。いつもは高度60mくらいだがこの日は300mを超えて飛行している。

原因と何が起こったかを推定するに

Image9s

この日の予測は平均5ノット、ガストで10ノット。
Windyty_wind

最後の飛行方向は南方向に近くここで右翼が右後方からガストを受けた(推定)ために失速して翼端折りみたいになった(目撃者は翼端が折れたように見えたという)。

通常、ユニバーサルはこの状態でも急激なスピンに入ることはないが(利尻島フライトで着陸直前に左半分が折れたが何も起こらなかった)、今回は、巡航飛行のパワーを入れておりそれが影響したと思われ、一気にクラッシュになってしまった。

そのままフラットスピンに入り(推定だが、ライザーはねじれていた)、340mを22秒で落下してしまった。

一般的には巡航飛行をしていればキャノピーはそれなりの剛体であり外乱には強いはずが、琵琶湖の風でこうも簡単につぶされたのは驚きだ。

ひとつの推測として西側の蓬来山などからのウエーブ的な乱流が考えられる。

(この記事は7月30日からの続き)

 

|

« blimp: モーターパラグライダー、パラモーター(405) 琵琶湖クロカン 2時間以上のフライトを目指す   結果は墜落 (1) | トップページ | blimp: モーターパラグライダー、パラモーター(407) 琵琶湖クロカン 2時間以上のフライトを目指す   結果は墜落 (3) 事故原因の推定 »

パラモーター」カテゴリの記事

コメント

時々、拝見しており、有益な情報のご提供ありがとうございます。
常に冷静な分析、対応で感心しております。

緊急用のパラは使う間もなくという感じでしょうか?
キャノピーの使用期間はどのくらいになりますか?

教えていただければ幸いでございます。

投稿: | 2016年8月10日 (水) 08時09分

8月10日のコメントありがとうございます。
今回の原因についてはいろんな可能性を探求しているところです。
フライト中の記憶がなくて困ってます。10L近くの燃料を積んだところまではうっすらと覚えているのですが、そこから後の記憶は離陸やビデオアップしたような映像を含めすべての記憶を、自己を守るために体が消しているみたいです。
緊パラを開こうとしたどうかもわかりませんが、結果的には開いていないので、スピン後すぐに頭がブラックアウトした可能性がある。
キャノピーは2014年3月23日に最初に広げたことを記事にしています。月に一日のフライヤーなので、フライト回数も多くはない。
山飛びとは違う100kgくらいを吊り下げて45km/hくらいで巡航しているキャノピーを、しかもグラグラだわというような気流の中ではない普通のフライトをしていて、急にこういとも簡単につぶされては今後のフライトはどうしようか迷うところです。ブリンプ

投稿: blimp | 2016年8月13日 (土) 12時13分

モーターパラ初心者です。
いつもお邪魔して参考にさせていただいておりました。
突然のことで大変驚いておりますが、お体ご無事みたいで何よりです。
同じユニバーサル、ミニプレーンで飛んでますが、原因がハッキリしないと今後考えてしまいますよね。

投稿: | 2016年8月17日 (水) 21時23分

リブの裂け破れは有りませんか

投稿: | 2016年8月18日 (木) 21時01分

数件のコメントをありがとうございます。ご心配をおかけしています。
少しでも参考になればと思い、原因の推定記事をアップしました。
以前、自分とパワーユニット全体がスピンし墜落したことがありますが、この時のキャノピーはしっかりしており、ACTION GTでしたが、そのまま飛行することができ、また、すべてを記憶しており原因もわかっています。しかし今回はなんの記憶もない状況です。

投稿: blimp | 2016年8月23日 (火) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525575/64017423

この記事へのトラックバック一覧です: blimp: モーターパラグライダー、パラモーター(406) 琵琶湖クロカン 2時間以上のフライトを目指す   結果は墜落 (2) 原因の推定 ビデオ映像 フラットスピン:

« blimp: モーターパラグライダー、パラモーター(405) 琵琶湖クロカン 2時間以上のフライトを目指す   結果は墜落 (1) | トップページ | blimp: モーターパラグライダー、パラモーター(407) 琵琶湖クロカン 2時間以上のフライトを目指す   結果は墜落 (3) 事故原因の推定 »