« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月の記事

2016年12月22日 (木)

飛行船、Blimpものつくり(141) 4K映像対応のソフトや機器 Pnasonic DMR-UBZ2020 4K映像の保存 セットアップ(2)

飛行船、Blimpものつくり(141) 4K映像対応のソフトや機器 Pnasonic DMR-UBZ2020 4K映像の保存 セットアップ(2)

12月19日の記事からの続き

DMR-UBZ2020をセットアップしている。

すんなり接続できるかと思ったが、なかなか。

1.モニター接続

まずはHDMI映像音声端子をモニターに接続するが、レコーダーのセットアップで4K対応モニターが接続されていないというエラー表示が出る。

機能一覧という円弧上のボタンを押してHDMI接続を選ぶ。レコーダーのエラー表示。

Dsc03947s

アレー、4K対応のモニターを接続しているのに、、、まずいなぁという気分ですが、
気を取り直してモニター側のWEBを見てみる。

わかりました!!! 以下WEBのマニュアルから

HDMI2.0に準拠する4K/60Hz出力対応の端子を2ポート搭載
【HDMI?】  従来、HDMIでは4K(3840×2160)映像を30Hzまでしか表示できませんでしたが、HDMI2.0に準拠する4K/60Hz出力に対応したHDMI端子を2ポート搭載しています。
また、4K映像コンテンツの視聴には必須となるHDCP2.2にも対応します。
そのほか、DisplayPort?端子を1ポート実装し、合計3つのポートで4K/60Hzの映像環境に対応します。

●設定について
HDMI 接続で解像度3840×2160/60Hz を使用するには、「HDMI ULTRA HD Deep Color」の設定を[オン] にする必要があります。
(設定方法:OSD メニューを開き、[画質]→[画質調整]→[HDMI ULTRA HD Deep Color])

なので、設定を見る。

Dsc03948s_2

この赤枠の下の「画質調整」を選ぶ。

Dsc03949sオフをオンにする。

この後、レコーダーからもう一度HDMIの設定を選んで4KにしたらOKとなった。

2.音声接続

次に音声端子を、、、おっとっと、、、昔のオーディオ端子(ピンジャック)がない。表を見ても裏を見てもアナログ出力は完璧にない。

はて、困った。つなぐオーディオ機器はすべてアナログ音声端子(ピンジャック)のみ。マニュアルを見るとつなぐオーディオ機器はすべてデジタル対応端子仕様の機器のみ。万事休すか?!

解決策はLGの4Kディスプレイにあった。HDMI接続すると音声も接続される。このLGディスプレイにはヘッドフォンジャックが付いていた、、やったー、、解決。

ここにステレオミニジャックを挿しその反対側はピンジャックのオスになっているコードがある。ここにメスーメス変換のプラグを経て通常のピンオスーピンオスの赤白コードをつないでラジカセ風のBOSEアンプにつないだ。

手間かかった~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月)

飛行船、Blimpものつくり(140) 4K映像対応のソフトや機器 HDDレコーダー Pnasonic DMR-UBZ2020 4K映像の保存

飛行船、Blimpものつくり(140) 4K映像対応のソフトや機器 HDDレコーダー Pnasonic DMR-UBZ2020 4K映像の保存

現在、4K動画の映像環境を整えています。日本での開発現場は東京オリンピックを目標に8Kに突き進んでいますが、ま、今は4Kが現実的ですよね。また、8Kが出てきたときに本当に8Kに移るかにも疑問が残る。一番のネックはデータの大きさと得るもののバランス、、、50-70インチクラスでの画面の大きさでは違いが判らないハズ。

4K対応の機器やソフトで現在整えたものは以下の通り。

ビデオカメラ      DJI OSMO+
ビデオカメラ     Panasonic HC-VX980M
編集ソフト       CyberLink POWER DIRECTOR 14
編集ソフト              EDIUS Pro 8
モニター        LG 27UD68-P   今年2月4日の記事参照
HDD録画レコーダーPanasonic DMR-UBZ2020

これが今回新しく加えた機器になる。

最近のHDDレコーダーは小さいですね。

Image01

Image2

Image3

Image4
右はSHARP DV-HRD20とDELLのモニター、FHD(フルハイビジョン)環境になる。
2004年の機材、12年前ですね。I-LINK端子やDV入力を備えている。

今後4Kビデオからのキャプチャーなど実際のレポートをしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 5日 (月)

飛行船Blimp:ものつくり(61) TAKAGI 浄水器本体無償交換

飛行船Blimp:ものつくり(61) TAKAGI 浄水器 本体無償交換

いつものモノかなっと思う小包がタカギから届きました。しかし、いつものフィルターだけにしては梱包サイズが大きい。

梱包を開けてみるとなんと水道蛇口の先端になる浄水器部分とフィルターが入っていた。

Dsc04195ss

 

説明書の通り先端を回した後、説明書の通り、クリップで止めておく。
Dsc04197ss
 

古いほうは10年たつがそんなに悪い状態ではない。
Dsc04201ss

Dsc04202ss

Dsc04204ss

フィルター定期交換メンバーになって10年、まだこの部品のダメージは認識できないが、この時点で無料で新品にできることは悪くはない。ま、メーカーにしてみると現ユーザーが何らかの故障で次の水道栓に他のメーカーを選定するリスクの低減とも考えられるが、ここは素直に喜んでおきたい。

ちなみに、古いほうは保管して新しいほうが不慮の故障の時にまた使えるようにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »