« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月の記事

2017年4月21日 (金)

飛行船、Blimpものつくり(51) エコタンク プリンター エプソン EW-M570T

飛行船、Blimpものつくり(51) エコタンク プリンター エプソン EW-M570T

最近、10年ほど使ってきたCANONの複合型プリンターの電源が入らなくなった。

修理も考えたが、エプソンのエコタンクが気になったのでカタログを調べた。従来のプリンターは確かにいつも印字を始めるとかすれていて、クリーニングを多くし、あげくの果てインクがなくなり近くの電気屋さんに走ることになり、面倒なことこの上ない。

カラーモデルは、EW-M770T、EW-M660FT、EP-M570T。他にブラックのみの2モデル。

660FTは最初のモデルでFAX機能が付いている。570Tは2番目のモデルで廉価版のエンジンを付けているので速度は遅い。

770Tは最新モデルでカラー機能を充実させている。

売りは5000ページ以上の印刷が可能なタンクを搭載していること。また、別のタンク(ボトル)からインクを追加することができる。

Image2

660FTはSDメモリカードに対応していないが有線LANには対応している。一方570Tには有線はない。また自動両面にも対応していない。 770Tはファックス以外対応している。

価格はカカクドットコムで67,250、48,864、37,800くらいであり、高機能に7万円近く出すかどうかで判断が分かれる。

<追記> 10年以上前の機種であるMP810は修理するにもメーカーが修理サポートを打ち切っていてできませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

飛行船、Blimpものつくり(50) Lenovo Yoga Book その後 (11) windows10 インストール版 YB1-X91L LTE Microsoft Office Mobile 

飛行船、Blimpものつくり(50) Lenovo Yoga Book その後 (11) windows10 インストール版 YB1-X91L LTE Microsoft Office Mobile 

前回記事、3月30日の続き。

時間がたって少し使い込んできました。
ここまで、一言で言って、winノートの革命ですね。この小ささ軽さでいつでも持ち歩けて、すぐに電源ON、スタンバイからすぐに使える。

スマートフォンとは違う、そこは10.1インチの画面を持ちどこでも使い慣れたPC(パソコン)の世界。

ここまでのカスタマイズは、
1)iimioのナノシム、契約3GB/月のカードを挿入した。これでどこにいてもネットにつなげることができる。

2)32GBのマイクロSDカードを挿入した。これで通常のPCでいうD:ドライブとして使える。

3)マウスと充電ケーブルやUSB外部装置を使うために、追加ケーブを購入した。

Dsc09170s_3
これで充電しながら3つのUSBポートを使うことができる。写真は無線マウスを使っているところ。

yahooショッピングでの画像。

Raimuhouse_r1602034n_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(300) 電池式噴霧器 単一乾電池6本 ニッケル水素単一乾電池

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(300) 電池式噴霧器 単一乾電池6本 ニッケル水素単一乾電池

15年くらい使ってきた乾電池式の噴霧器はまだ現役だが、同時に使っていた蓄圧式の噴霧器がへたってきたので電池式を追加して購入した。

Image1
プラスチック部やゴム部がへたるみたいで、2年くらいが寿命のよう。

今まで使っているのも工進なので、ホームセンターでこんな最新のものを見つけた。電池本数が今までの4本から6本になっていてパワーアップしている。
Dsc09153s

電池はニッケル水素の単一。eneloopを4本、IMPULSEを2本を用意した。
Dsc09151s

電池6本はこのように入れる。
Dsc09167s

動かしてみると噴霧は手元から高さ5mくらいは楽々と届く。今までが手元から2mくらいだったので雲泥の差。やはりハイパワーと謳うだけある。

通常の乾電池だと6本で公称9V、これがニッケル水素だと公称7.2Vで数字上は小さいが実際は十分のパワーを発揮する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火)

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(299) 10000mAh モバイルバッテリー

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(299) 10000mAh モバイルバッテリー

近くのあるショップ、何でも屋的なお店で衝動買い。

151mm、80mm、厚さ12mm。
Dsc09144s

帰ってWEBを見て見ると同じようなものがほぼ同じ安い価格帯で見つけられる。よって、特にお得な買い物をしたわけではないことがわかる。

実はこれが3つ目になる。1つ目はEM emobileのPocket Wifi端末。

Color01
5000mAhある。今は契約を切っているのでモバイルバッテリーとしか使ってない。

2つ目は今回と同じような10000mAhモバイルバッテリー。画面下が以前買ったもの。
Dsc09146s

大きさは少し小さいが厚みがある(15mm)のでカバンなどでは少しかさばる感じがする。

携帯電話1台、タブレット2台(Nexus7とYogaBook)を運用しているので、バッテリーの交換タイミングが少しでも伸びればいいなと思っている。

なお、バッテリーの容量は最もスペックをごまかしやすい。このバッテリーが10000mAhあるかどうか今後検証する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »