« 飛行船、Blimpものつくり(54) ポータブルナビ ゴリラ 中国製ナビ その実力 (2) | トップページ | 飛行船、Blimp ものつくり(125) 庭のバラ (1) »

2017年5月21日 (日)

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(301) コードレスプチサイクロン掃除機 MC-BR30G 電池交換 AMV97V-GE

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(301) コードレスプチサイクロン掃除機 MC-BR30G 電池交換 AMV97V-GE

2014年3月15日に購入した(3月8日購入)記事を書いている。

当時はパワフルな電池式掃除機としては画期的な商品で、リチウムイオン電池が実用化され普及してきたことで実現した製品だ。

本体は非常に高く6万円近かった。主なコスト高は電池代と思う。実際に使ってみるとコードレスの恩恵は非常に大きく、家中を1階も2階もどこでもスイスイ。コードがないということはこんなにも便利。

さて、そうなると電池の交換頻度とその価格が気になる。

びっくりしたのは約1年7ヶ月でパワーがかなり落ちたこと。考えてみると575日経ており、この間毎日使っており、今のリチウムイオン電池の実力が寿命600-800回の充放電を考えるとこの電池は品質的に妥当。

そこで電池を交換すべく電池の価格を調べたら2万円と3万円の間、やはり高すぎる。一方本体価格をネットで調べるとちょうど次期型が出たところで旧型はかなり安くなっていて2万円数千円。

ならば本体を買おうということで2台目を購入した。もちろん、1台目を捨てるのは勿体なく、2階に置いてチョコチョコ使うことを考えた。これが2015年10月15日だった。

WEBの製品情報(最近の状態)

Photo

電池交換のマニュアル。難しくはないがドライバー(ネジ回し)くらいは必要になる。
_

しかし今日現在で使用期間が38ヶ月、1140日になる。電池がいよいよ弱くなってきたので電池の価格を調べてみたら、1.6万円。だいぶ買い求めやすくなった。なので購入を決断した。

Dsc09208s

<まとめ>
・電動自転車のバッテリーとはだいぶ様子が違っていて、2年に一回の交換を要す。電動自転車では週一回の充電なので50回/年として10年以上交換の必要がない(はず)。

・今までのサイクロン掃除機は10年は使えていたので、10年間のコストは、本体5万円として、追加コストは若干のフィルター交換とヘッド交換だった。したがって6万円くらい。このコードレスは本体6万円としてバッテリー一個1.6万円x4個=6.4万円。 だから13万円を超える。

やっぱり従来と比べ2倍のコストがかかる。

|

« 飛行船、Blimpものつくり(54) ポータブルナビ ゴリラ 中国製ナビ その実力 (2) | トップページ | 飛行船、Blimp ものつくり(125) 庭のバラ (1) »

電池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525575/65306245

この記事へのトラックバック一覧です: Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(301) コードレスプチサイクロン掃除機 MC-BR30G 電池交換 AMV97V-GE:

« 飛行船、Blimpものつくり(54) ポータブルナビ ゴリラ 中国製ナビ その実力 (2) | トップページ | 飛行船、Blimp ものつくり(125) 庭のバラ (1) »