« 2017年5月 | トップページ

2017年6月の記事

2017年6月29日 (木)

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(304) キャンピングトレーラーで使う電子レンジ ON/OFF方式とインバーター方式では何が違う(2) インバーター動作時の電流 Panasonic NE-T158と YAMAZEN MOR-1560E

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(304) キャンピングトレーラーで使う電子レンジ ON/OFF方式とインバーター方式では何が違う(2) インバーター動作時の電流 Panasonic NE-T158と YAMAZEN MOR-1560E

6月11日記事からの続き

このキャンピングトレーラーはなるべく一般家庭用の家電を使うのがコンセプト。なので、特殊なものは使っていない。

インバータ方式の電子オーブンレンジ Panasonic NE-T158が到着した。

動作時の電流を測定する。

Pana_150300500100w
電流は200mVのY軸を見て、1/10にしたのがAになる。よって、40mVは4A。なので400Wの消費電力になる。

最初のギザギザが150Wセットでの電子レンジ。約3Aと5Aを行き来している。その次のフラットなのが300Wセット。次が500Wセットで、消費電流は800W。面白いのが引き続きもう一度150Wセットにしたら最高電流値は7A 近くになった。しかしON/OFF(山谷)は早い。引き続き300Wにセットすると途中で段が付いた。 最後の2山はヒーターをONにした。ここでは仕様通り、13.5A=1350W この一定の電力を消費する。

結論としては、その仕様通りインバーター機能を発揮していて、ヒーターを使わない限り、DC-ACインバーターの最高出力1000Wを超えることはないのでトレーラー内で使える。

これがYAMAZENのインバーターでないオーブンレンジの消費電流。手動で出力200Wとか600Wに設定している。ヒーターも使ってみた。
Yamazen

結局手動でどのようなセットにしようが、電流はいつも最高値を示していて、12.6A付近。すなわち1260W位を消費しているので、トレーラーのDC-ACインバーター出力1000Wでは動作しない。

<結論>
・トレーラーが出力1000W位のDC-ACインバーターしか積んでいない場合は、インバーター方式オーブンレンジが必要になる。
・消費電流が少なくバッテリーを痛めにくいという意味でもインバーター仕様の電子レンジ(オーブンレンジ)をお勧めする。
・なおヒーターは使えない。どうしても使いたい場合は、さらに大容量のバッテリーと2KW出力のDC-ACインバーターをお勧めする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(303) Panasonic eneloop ニッケル水素電池

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(303) Panasonic eneloop ニッケル水素電池

このブログで電池はテーマのひとつですが、またまた衝動買いをしてしまった。

エディオンをふらついていたら、特価が目に入った。それがこれ。

Image2

これはアマゾンの同日の検索結果だが、税込み送料入れてのこの価格より支払った額は7%くらい安かった。特価でもたいてい通販よりは若干高いから、ああ~良かった。

今までの一本あたり購入価格は、記憶では安値は税込み220円くらい。なのでこの程度以下の場合買うことにしている。

製造年月日は2016年10月と印字されている。そんなに古くなく1年経っていない。ただ、今までの試験結果から、3~4年前の製造でもeneloopは劣化しないことがわかっている。なので前のものでも安心して買える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

飛行船、Blimpものつくり(142) 防犯用ビデオカメラ 極小 サンコーSCRTCAM4 SQ8 MINI DV

飛行船、Blimpものつくり(142) 防犯用ビデオカメラ 極小 サンコーSCRTCAM4 SQ8 MINI DV

最近流行のドラレコなど小さいビデオカメラがほしくてネットサーフィンをしていて

なんとなく衝動買いしてしまった。防犯カメラとしては動作時間が少ないとは知りつつ購入してしまった。

Image7

 

 

Image2

 

Image5

 

 

Image3

仕様

Image1_2

実物を手に取って、説明書を読んで思うことは、あまりにも小さすぎてボタンと表示類が少なく、今どのような動作をしているのか確認が難しいこと。

また、連続動作時間が100分とあるが、動作感知モードでも同じ時間か、それとも伸びるのかが不明なこと。

さらに、USB電源をつないだままで録画ができ、外部電池をつなげて動作するとは書いてあるが、はたして例えば24時間とか48時間とかの長時間連続監視ができるのかどうか、不明だ。

もう少し使い込んでからレポートの予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(302) トレーラーの電子レンジ インバーターでは何が違う

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(302) トレーラーの電子レンジ インバーターでは何が違う

キャンピングもどきトレーラーを持っているのは過去の記事に、ソーラー発電システムなどで記事にしている。

その中でいくつか失敗があるが、そのひとつが電子レンジ。

DC-ACインバーターは最大出力1000Wなので1000W以下のレンジを選ぶ。

買ったのはたとえばヤマゼン オーブンレンジ(15L) YRD-T150V-W ホワイト。実際はこれの前の機種を使っていて、MOR-1560E。

消費電力は【レンジ】930/1280W(50/60Hz)、【オーブン/グリル】1260W。

なのでDC-ACインバーターを50HzにセットすればOKと思ったが、失敗は出力と消費電力の比がかなりぎりぎりで、バッテリーの電流が大きいこと。

電流の計算は;
930W/12V/0.9=86、、結局100A近くになってしまい、その時の電流計を見ているとバッテリーが痛んでるなぁと思ってしまい、居心地がよくない。

この機種はインバーターではないので、出力を絞ってもこの電流のON/OFFになってしまう。

なので、インバーターならどうなんだろうと以前から思っていた。

最近フトしたことからリサイクルショップを訪れることになり、目に入ったのがpanaのインバーターオーブンレンジで、5年前くらいのモデルで7000円くらいの値が付いている。ならば、少し型落ちの新品はどれくらいかネットで調べてみたら、ま、そこそこの値段なので、選んだのがこれ。

Panasonic NE-T158-W

Elect158

仕様は以下。

Spec

今後動作とその時の電流を計測する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ