« Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(305) リチウムイオン電池 ローソンで リチウムチャージャー FL14S3 | トップページ | blimp: モーターパラグライダー、パラモーター(414) パラモーター 琵琶湖上空425mから墜落 1周年 救助の皆様に感謝と振り返り (1) »

2017年7月 8日 (土)

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(414) 電動バイク glafit GFR-01 (1) Makuake 

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(414) 電動バイク glafit GFR-01 (1) Makuake 

このカテゴリは「電気自動車/電動パラモーター」ですが記事数は「パラモーター」の記事数で。

諸事情で私のパラモーター用の空飛ぶ電動ユニットの開発が遅れている中、同じようなプロジェクトで、地上走行のユニットですが電動バイクでユニークなプロジェクトを見つけました。

Glafit02spec

Glafit03spec

 

 

スペックはこうなっている。
Glafit01spec

特徴はバイクでは一般的なサスペンションがなく、折り畳み自転車のような電動バイクでしょうか。18kgと軽くて折りたたむと小さい。

残念ながら試乗する機会がなく、いろいろ実際はわからないので机上予測するしかない。

1)走りの予想。モーター馬力と発進性能や最高速の予測

これは0.35Ps。一方一般的原付の低いほうでも3.5Psあるのでこれは約1/10になる。
これで走るの?

原付が重さ80kgくらいなので人間を70kgとして150kg。これはバイク重量が18kgなので合計88kg。合計同士でこっちが半分としてもこの出力は相対で0.7Ps相当になる。

しかし、動力はPSだけでは決められないトルクというものがある。
発進で言うとモーターのトルクとエンジンのトルクは比較が難しいのですが、走り始め、エイヤッとい言うと3~5倍は出る。トルク5倍とする0.7x5=3.5Psになる。なので、出だしは原付並み。なので最高速は別にして普通に走ると思う。

なお、女性が試乗しているビデオを見ると出だしは少しフラついており(エコモードと言ってるが)、パワフルと言うわけではない。

最高速度は概ねエンジン出力に関係し、その時の抵抗は主に走行抵抗と受ける風圧。一方動力は効率に関係し、電気系が直接駆動でメカロスが少ないとして4割改善するとしてそれを換算すると0.7x1.4=0.98Psくらいに相当する。

予想すると、原付の最高速度を66km/hとして33km/hは1/2なので必要馬力は二乗になり1/4位は必要と思うので、それを逆算で換算すると0.98x4=3.9Ps相当。何とかつじつまが合うのでカタログは33km/hはその程度なんでしょうね。

なお、以上は原付バイクとの相対数値の話。実際のモーター最高出力はホームページのQ&Aで定格25kWとあり、カタログの0.26kWとの関連は不明(25kWはあるわけがなく0.25kWの間違いか?)。

2)乗り心地の予想

サスペンションがないので基本バイクより悪いと思われ自転車並み、のはず。なお、バイク用のタイヤ採用と謳っているので、空気圧が自転車の6気圧より少なく、3気圧以下であれば衝撃は緩和される。実際のところは乗ってみないとわからない。

3)バッテリー

36V 10.2Ahのリチウムイオン電池。このバイクを購入する人は安全性は当然として、一番の関心があるか、あるべき。Webページによると韓国LG製のバッテリーで、300回の充放電後で容量が80%とある。

これがばったもんだと使い物にならない製品になるが、設計・製作の取りまとめは日本の会社だし(和歌山)、大丈夫と思いたい。

さて、私の想定、なお満充電で40km走れるとして(スペックは45km)、通勤と買い物などで毎日10kmで走るとして4日で充電が必要になる。少し余裕を見て概ね3.6日に一回として年間で100回の充放電になる。

よって、3年後には40x0.8=32km 満充電で32kmの走行距離になる。このころは少し苦しいですね。
今のところバッテリーは少し高価なようですので、もしできれば手持ちのバッテリーを活用したいところですね。

今後実際に作って実証してみたいと思います。

なお、購入手続き(=出資)をとりました。納品は11月ですので、それまでいろいろ考察してみます。

P.S.初期の疑問
    変速機がないので急な坂ではモーターはかなりのトルクを必要とする。
    うまく登ってくれるのだろうか? 足でアシストするくらいは必要と思うが
    こけるくらいの速度にはなってほしくないのだが、、、

|

« Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(305) リチウムイオン電池 ローソンで リチウムチャージャー FL14S3 | トップページ | blimp: モーターパラグライダー、パラモーター(414) パラモーター 琵琶湖上空425mから墜落 1周年 救助の皆様に感謝と振り返り (1) »

電気自動車/電動パラモーター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525575/65482028

この記事へのトラックバック一覧です: Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(414) 電動バイク glafit GFR-01 (1) Makuake :

« Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(305) リチウムイオン電池 ローソンで リチウムチャージャー FL14S3 | トップページ | blimp: モーターパラグライダー、パラモーター(414) パラモーター 琵琶湖上空425mから墜落 1周年 救助の皆様に感謝と振り返り (1) »