« Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(304) キャンピングトレーラーで使う電子レンジ ON/OFF方式とインバーター方式では何が違う(2) インバーター動作時の電流 Panasonic NE-T158と YAMAZEN MOR-1560E | トップページ | Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(405) 電動バイク glafit GFR-01 (1) Makuake  »

2017年7月 1日 (土)

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(305) リチウムイオン電池 ローソンで リチウムチャージャー FL14S3

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(305) リチウムイオン電池 ローソンで リチウムチャージャー FL14S3

ローソンに入ったところ、お買い得かごの中に入っているこれを見つけた。値段はそれなりにお買い得なんだろうということで、衝動買いしてしまった。

ネットで探すとこれ。

Image3

多摩電子工業(株)のホームページで、旧機種にはなってない。

これはリチウムイオン電池ではなくラジコンなどで使うリチウムポリマー電池なんですね。WEBで調べるとポリマーの電解液が高分子ポリマーで電解質がゲル状で、液漏れや発火しにくいとある。ただし製造プロセスの自動化が難しくリチウムイオンより高価。

WEBでは、安全回路を省く製品が多く(主に中国製やラジコン用)その意味では安いが危険度は増加する、とある。

値段の要素は大きいがそれとは別に何が良いと思ったのか?やはり日本製なので信頼性がある(生産自体は中国)ことと、軽くて小さいこと。

これで、指でつまめるカメラ(6月21日記事参照)の外部電源にしようと思う。

Image1

Image2_2

 

一般USBとマイクロUSBが各1個あり充放電ができる。
Image4

たとえばカメラも充電できる。α6000を充電しているところ。

Image5s

このようにスマホ、タブレット、ガラ携など、電池がなくなった緊急時には重宝する。

この大きさ、この重量なら常の携帯も許せるし。

 

|

« Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(304) キャンピングトレーラーで使う電子レンジ ON/OFF方式とインバーター方式では何が違う(2) インバーター動作時の電流 Panasonic NE-T158と YAMAZEN MOR-1560E | トップページ | Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(405) 電動バイク glafit GFR-01 (1) Makuake  »

電池」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525575/65477428

この記事へのトラックバック一覧です: Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(305) リチウムイオン電池 ローソンで リチウムチャージャー FL14S3:

« Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(304) キャンピングトレーラーで使う電子レンジ ON/OFF方式とインバーター方式では何が違う(2) インバーター動作時の電流 Panasonic NE-T158と YAMAZEN MOR-1560E | トップページ | Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(405) 電動バイク glafit GFR-01 (1) Makuake  »