カテゴリー「電池」の301件の記事

2017年6月29日 (木)

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(304) キャンピングトレーラーで使う電子レンジ ON/OFF方式とインバーター方式では何が違う(2) インバーター動作時の電流 Panasonic NE-T158と YAMAZEN MOR-1560E

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(304) キャンピングトレーラーで使う電子レンジ ON/OFF方式とインバーター方式では何が違う(2) インバーター動作時の電流 Panasonic NE-T158と YAMAZEN MOR-1560E

6月11日記事からの続き

このキャンピングトレーラーはなるべく一般家庭用の家電を使うのがコンセプト。なので、特殊なものは使っていない。

インバータ方式の電子オーブンレンジ Panasonic NE-T158が到着した。

動作時の電流を測定する。

Pana_150300500100w
電流は200mVのY軸を見て、1/10にしたのがAになる。よって、40mVは4A。なので400Wの消費電力になる。

最初のギザギザが150Wセットでの電子レンジ。約3Aと5Aを行き来している。その次のフラットなのが300Wセット。次が500Wセットで、消費電流は800W。面白いのが引き続きもう一度150Wセットにしたら最高電流値は7A 近くになった。しかしON/OFF(山谷)は早い。引き続き300Wにセットすると途中で段が付いた。 最後の2山はヒーターをONにした。ここでは仕様通り、13.5A=1350W この一定の電力を消費する。

結論としては、その仕様通りインバーター機能を発揮していて、ヒーターを使わない限り、DC-ACインバーターの最高出力1000Wを超えることはないのでトレーラー内で使える。

これがYAMAZENのインバーターでないオーブンレンジの消費電流。手動で出力200Wとか600Wに設定している。ヒーターも使ってみた。
Yamazen

結局手動でどのようなセットにしようが、電流はいつも最高値を示していて、12.6A付近。すなわち1260W位を消費しているので、トレーラーのDC-ACインバーター出力1000Wでは動作しない。

<結論>
・トレーラーが出力1000W位のDC-ACインバーターしか積んでいない場合は、インバーター方式オーブンレンジが必要になる。
・消費電流が少なくバッテリーを痛めにくいという意味でもインバーター仕様の電子レンジ(オーブンレンジ)をお勧めする。
・なおヒーターは使えない。どうしても使いたい場合は、さらに大容量のバッテリーと2KW出力のDC-ACインバーターをお勧めする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(303) Panasonic eneloop ニッケル水素電池

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(303) Panasonic eneloop ニッケル水素電池

このブログで電池はテーマのひとつですが、またまた衝動買いをしてしまった。

エディオンをふらついていたら、特価が目に入った。それがこれ。

Image2

これはアマゾンの同日の検索結果だが、税込み送料入れてのこの価格より支払った額は7%くらい安かった。特価でもたいてい通販よりは若干高いから、ああ~良かった。

今までの一本あたり購入価格は、記憶では安値は税込み220円くらい。なのでこの程度以下の場合買うことにしている。

製造年月日は2016年10月と印字されている。そんなに古くなく1年経っていない。ただ、今までの試験結果から、3~4年前の製造でもeneloopは劣化しないことがわかっている。なので前のものでも安心して買える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(302) トレーラーの電子レンジ インバーターでは何が違う

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(302) トレーラーの電子レンジ インバーターでは何が違う

キャンピングもどきトレーラーを持っているのは過去の記事に、ソーラー発電システムなどで記事にしている。

その中でいくつか失敗があるが、そのひとつが電子レンジ。

DC-ACインバーターは最大出力1000Wなので1000W以下のレンジを選ぶ。

買ったのはたとえばヤマゼン オーブンレンジ(15L) YRD-T150V-W ホワイト。実際はこれの前の機種を使っていて、MOR-1560E。

消費電力は【レンジ】930/1280W(50/60Hz)、【オーブン/グリル】1260W。

なのでDC-ACインバーターを50HzにセットすればOKと思ったが、失敗は出力と消費電力の比がかなりぎりぎりで、バッテリーの電流が大きいこと。

電流の計算は;
930W/12V/0.9=86、、結局100A近くになってしまい、その時の電流計を見ているとバッテリーが痛んでるなぁと思ってしまい、居心地がよくない。

この機種はインバーターではないので、出力を絞ってもこの電流のON/OFFになってしまう。

なので、インバーターならどうなんだろうと以前から思っていた。

最近フトしたことからリサイクルショップを訪れることになり、目に入ったのがpanaのインバーターオーブンレンジで、5年前くらいのモデルで7000円くらいの値が付いている。ならば、少し型落ちの新品はどれくらいかネットで調べてみたら、ま、そこそこの値段なので、選んだのがこれ。

Panasonic NE-T158-W

Elect158

仕様は以下。

Spec

今後動作とその時の電流を計測する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(301) コードレスプチサイクロン掃除機 MC-BR30G 電池交換 AMV97V-GE

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(301) コードレスプチサイクロン掃除機 MC-BR30G 電池交換 AMV97V-GE

2014年3月15日に購入した(3月8日購入)記事を書いている。

当時はパワフルな電池式掃除機としては画期的な商品で、リチウムイオン電池が実用化され普及してきたことで実現した製品だ。

本体は非常に高く6万円近かった。主なコスト高は電池代と思う。実際に使ってみるとコードレスの恩恵は非常に大きく、家中を1階も2階もどこでもスイスイ。コードがないということはこんなにも便利。

さて、そうなると電池の交換頻度とその価格が気になる。

びっくりしたのは約1年7ヶ月でパワーがかなり落ちたこと。考えてみると575日経ており、この間毎日使っており、今のリチウムイオン電池の実力が寿命600-800回の充放電を考えるとこの電池は品質的に妥当。

そこで電池を交換すべく電池の価格を調べたら2万円と3万円の間、やはり高すぎる。一方本体価格をネットで調べるとちょうど次期型が出たところで旧型はかなり安くなっていて2万円数千円。

ならば本体を買おうということで2台目を購入した。もちろん、1台目を捨てるのは勿体なく、2階に置いてチョコチョコ使うことを考えた。これが2015年10月15日だった。

WEBの製品情報(最近の状態)

Photo

電池交換のマニュアル。難しくはないがドライバー(ネジ回し)くらいは必要になる。
_

しかし今日現在で使用期間が38ヶ月、1140日になる。電池がいよいよ弱くなってきたので電池の価格を調べてみたら、1.6万円。だいぶ買い求めやすくなった。なので購入を決断した。

Dsc09208s

<まとめ>
・電動自転車のバッテリーとはだいぶ様子が違っていて、2年に一回の交換を要す。電動自転車では週一回の充電なので50回/年として10年以上交換の必要がない(はず)。

・今までのサイクロン掃除機は10年は使えていたので、10年間のコストは、本体5万円として、追加コストは若干のフィルター交換とヘッド交換だった。したがって6万円くらい。このコードレスは本体6万円としてバッテリー一個1.6万円x4個=6.4万円。 だから13万円を超える。

やっぱり従来と比べ2倍のコストがかかる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(300) 電池式噴霧器 単一乾電池6本 ニッケル水素単一乾電池

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(300) 電池式噴霧器 単一乾電池6本 ニッケル水素単一乾電池

15年くらい使ってきた乾電池式の噴霧器はまだ現役だが、同時に使っていた蓄圧式の噴霧器がへたってきたので電池式を追加して購入した。

Image1
プラスチック部やゴム部がへたるみたいで、2年くらいが寿命のよう。

今まで使っているのも工進なので、ホームセンターでこんな最新のものを見つけた。電池本数が今までの4本から6本になっていてパワーアップしている。
Dsc09153s

電池はニッケル水素の単一。eneloopを4本、IMPULSEを2本を用意した。
Dsc09151s

電池6本はこのように入れる。
Dsc09167s

動かしてみると噴霧は手元から高さ5mくらいは楽々と届く。今までが手元から2mくらいだったので雲泥の差。やはりハイパワーと謳うだけある。

通常の乾電池だと6本で公称9V、これがニッケル水素だと公称7.2Vで数字上は小さいが実際は十分のパワーを発揮する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火)

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(299) 10000mAh モバイルバッテリー

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(299) 10000mAh モバイルバッテリー

近くのあるショップ、何でも屋的なお店で衝動買い。

151mm、80mm、厚さ12mm。
Dsc09144s

帰ってWEBを見て見ると同じようなものがほぼ同じ安い価格帯で見つけられる。よって、特にお得な買い物をしたわけではないことがわかる。

実はこれが3つ目になる。1つ目はEM emobileのPocket Wifi端末。

Color01
5000mAhある。今は契約を切っているのでモバイルバッテリーとしか使ってない。

2つ目は今回と同じような10000mAhモバイルバッテリー。画面下が以前買ったもの。
Dsc09146s

大きさは少し小さいが厚みがある(15mm)のでカバンなどでは少しかさばる感じがする。

携帯電話1台、タブレット2台(Nexus7とYogaBook)を運用しているので、バッテリーの交換タイミングが少しでも伸びればいいなと思っている。

なお、バッテリーの容量は最もスペックをごまかしやすい。このバッテリーが10000mAhあるかどうか今後検証する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(298) YAMAHA 電動自転車 VIENTA5 (10) 2周年記念 バッテリーの劣化

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(298) YAMAHA 電動自転車 VIENTA5 (10) 2周年記念 バッテリーの劣化

電池カテゴリー 2016年2月17日記事の続き。

今日は3月7日ですが、主題の自転車の購入、2015年1月17日から丸2年が経ちました。

1)バッテリーの状況

充電後100%を示していて自転車を乗っていても簡単には90%を切らず、すなわち最初の表示100%に大きい嘘はなく、概ね良好な状態を保っていると思っている。

2)充電頻度と頻度

現在、通勤に使っていて毎日3kmくらい乗る。この状況では充電は週に1回になる。年間50回。寿命を公称700回であるが、500回としても10年の寿命計算になる。

3)自転車の状況

本日現在で総走行距離が2539km。2週間前に前後ブレーキのパッドを交換、合わせて後ろブレーキのワイヤーを交換した。そのほかの故障はなくここまで順調にきている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(297) YAMAHA 電動自転車 VIENTA5 (9) VEL ILLU MIRROR プラスチックの接着 難しい (2)

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(297) YAMAHA 電動自転車 VIENTA5 (9) VEL ILLU MIRROR 破損 プラスチックの接着 難しい (2)

1月8日記事からの続き

ボンド クイック30というプラスチック専用ではない接着剤で後方確認のミラーの根元を接着した話。

その後、一カ月以上たち、今でも保持している。ただ、充てんした接着素材が部分的に欠けているが。

Image1

でも予想した通り、周りを接着剤が囲っていて何とか強度を保っている。

また、グリップ側もゴムで支えるだけにしたので、自転車の取り回しでミラーが壁に当たったりしても大きな力が加わらない。

当面、接着剤で欠けたところを補強しながら使えそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(296) リチウムイオン電池 中国ブランド BTBAI 18650 3000mAh 放電結果 (3)

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(296) リチウムイオン電池 中国ブランド BTBAI 18650 3000mAh 放電結果 (3)

2月9日記事の続きです。

BTBAIブランドのリチウムイオン電池を8本買いましたので、引き続き充電して放電してみました。

ここまでの電池の番号は3と4。今回は5、6と7、8を組み合わせて放電してみた。

5と6をそれぞれ充電して、その後直列にして放電した。
結果、746mAh。なんということだ。スペック3000mAhの1/4しかなかった。
20170205_2746m_5_6

それなら次はどうか? 7と8の結果は、788mAh。

20170205_2788m_7_8a

これらの結果からわかるのは、この組み合わせのどちらか一本が非常に悪いんだろうということ。今後、1本づつの放電をしてどれが悪いか特定するつもり。

いずれにしても仕様容量の半分や1/4レベルでの議論なので、一口で言って全部粗悪品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(295) リチウムイオン電池 中国ブランド BTBAI 18650 3000mAh 放電結果 (2)

Blimp: ニッケル水素電池の実力を見る(295) リチウムイオン電池 中国ブランド BTBAI 18650 3000mAh 放電結果 (2)

前回の記事、2月5日からの続き

再度同じ18650を充電し、今回は汎用専用充電器のGraupner POLARONを使って充電した。普通にデルタピークを検知して終了した。

2回目の放電結果はこれ。1157mAh。
20170204_21157ma

 

一回目はこれ。1175mAh。
Btbai1175mah

結論から言って、これが実力のようです。

なぜこのような表記とは明らかに違う偽りの商品を作るのか、日本人には理解できない、が、現に存在する。

一方、この電池を使うために買ったライトでの使い心地には何の問題もない。もちろんON持続時間は本物の3000mAh電池を使ったときより短いはずだが。

<参考意見>
・充電中に感じたことは、電気を吸収しない電池だなぁ、ということ。普通に最大4.2V、2000mAh設定したところ、0.46Aしか流れない。普通は2Aまで流れるはずが、、、
しかたないので、4.3Vに設定しなおして、それでも0.95Aしか流れない。

また、デルタピーク感知した後電池を手で触ってみたが、ほんのりも温度を感じない。

結論的に、リチウムイオン電池のわかってない人たちが、見よう見まねで作ってる感じ。

充電中はもしかして発火の危険も感じるので、周りには何も置かない広いスペースで充電することにする。また、用途には0.3Aくらいまでの低電力で使用することにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧