カテゴリー「パソコン、映像編集」の63件の記事

2018年2月 1日 (木)

飛行船、Blimpものつくり(60) Panasonic DMR-BR580 HDD ハードディスク交換 (3) 500GBを1TBへ

飛行船、Blimpものつくり(60) Panasonic DMR-BR580 HDD ハードディスク交換 (3) 500GBを1TBへ

1月26日記事からの続き

HDDの交換をしました。

直後の録画で再生映像が瞬間止まるという経験をして、本格的に悪いのかどうか見極めていました。

その後、予約録画などをして調子を見ており、今のところDRモードとHBモードしか試していませんが特に問題はないようです。

今回、バイナリーデータの書き換えなども自分ですることなく、ただ購入して交換するだけ、販売の方のサポートも受けられ、気軽にできたことは本当に感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月26日 (金)

飛行船、Blimpものつくり(59) Panasonic DMR-BR580 HDD ハードディスク交換 (2)

飛行船、Blimpものつくり(59) Panasonic DMR-BR580 HDD ハードディスク交換 (2)

昨日の記事からの続き。

HDDが到着したので早速交換作業に着手した。

到着したHDD。レターパックプラスを選びました。エアークッションを多く入れていただき感謝。
Dsc05182s

 

左が今回到着した交換するHDDで1TB。東芝製で型番はDT01ACA100。
Dsc05186s

取説が付いていて親切。
Dsc05195s

 

左が交換する東芝、右が交換前のWDのHDD。
Dsc05188s

 

交換が完了した全体シャーシ。
Dsc05191s

これに上カバーをつけて前カバーをつけると元に戻る。

さて、無事にHDDを認識して修理兼換装ができて1TBのレコーダーに復活するか!!!

まずは、ACコードをつなぐと、何もしないのにplease waitがディスプレイに出て文字が流れ、これが止まらない。ま、イニシャライズなので5分くらいだろうとタカをくくったが、15分経ってもそのまま。

しびれを切らして電源コードを抜いて、また入れてHDDを認識しているか、フォーマットコマンドまで持って行くが、こんな感じ。

Dsc05194s_2

あ~ぁ、エラーです。これでは何もできない。

実はここでマニュアルが実にヘルプでした。BR580は以下の手順が必要と書いてある。

1)交換後電源を入れるとPlease Wait の表示が出てイニシャル動作を実施。
  一旦、電源が自動でOFFになる。その後改めて電源を入れる。

2)その時BR580は番組表のボタンを押してONにする

3)その後、番組表が現れるので戻るボタンで戻ってから、スタートボタン->そのほかの機能->初期設定->HDD/ディスク->HDD設定->HDD管理(決定を3秒以上長押し)->HDDのフォーマット->はい->実行

とボタンを押してHDDのフォーマットを実施する。

ONにするコマンドボタンがが番組表ボタンなんて、このマニュアルがなかったら永久にわからない。

これを何度も読み直して現状を推定したことは、イニシャル動作が終わっていないだろう、、、とにかく please waitを出す。

電源コードを抜いたり挿したりあちこちボタンを押してこれが再度出た。なので、今度は時計表示(=OFF)になるまで放置することにした。

しかし、なんと今度は5分ほどで時計表示が出た、、、万歳。多分、イニシャル動作が終わっているはず。

その後、番組表ボタンからスムースにフォーマットコマンドに入り、ついにフォーマットができた。

恐る恐る番組を録画してみると、、、できた!!!。

録画残時間を見るとXPモードで230時間ほど、もとは110時間くらいだから2倍になった。

これくらいの事態は予測するというか、覚悟できなければ実施すべきではないんですが、それはわかってますが、、、とにかくめでたし、めでたしでした。

ただ、録画を再生すると、画面が2秒ほど停止する事態が3回ほどおきた。原因は今のところ分からないので、このまま様子を見ることにする。

続報をしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月25日 (木)

飛行船、Blimpものつくり(58) Panasonic DMR-BR580 HDD ハードディスク交換 (1)

飛行船、Blimpものつくり(58) Panasonic DMR-BR580 HDD ハードディスク交換 (1)

前の記事、1月16日で、故障したことを書いた。番組がうまく録画できない症状としてハードディスクの故障を推定した。

初めてのHDD交換をもくろむが、推定が外れるとつぎ込んだ費用がごみ同然になるので抑えることも考えながら。このリスクはあるものの、ここは自分を信用して実行に移す。

まずはどうしたら交換可能か、まずレコーダーを少し分解してHDDのメーカーや型番をみることにした。

Dsc05180_2s

WD5000AAVS  ウエスタンデジタルのAV用のHDDでした。

それからwebで調べると以下のことが分かった。

1)HDDをそのまま交換しようとすると10年前のモデルなので中古しかない。しかし、値段がが28,000円とかで、べらぼうだ。エディオンで修理に出すと25,000円なのであり得ない。

なお、同じHDDならば交換すればよいように思えるが下記2)のリスクがあるとわかった。

2)次に交換法を書いた記事を見ると、HDDコピー機とバイナリー編集が必要なことがわかる。ディーガはHDDの内部データーのヘッダーを見てパナのIDと容量をチェックしているようだ。パナのIDがないと同じ型番でも何らかの変更対応が必要になる。

なお、何らかの理由で2013年以降の機種は無理らしい(*)
*:読んだ記事には増量アップ交換が無理とあり、同じ容量ならば交換可能かもしれないが、今のところ不明   

3)そこまでするならば、容量アップも可能になる。

4)レコーダー用HDDはPC用HDDと少し命令セットが違い、どうもエラー対応などで映像を途切れないよう早くしているようだ。なので、AV対応のHDDを選択するほうが望ましい。

5)そうこうしてネットを探していると、こんなサイトに当たった。見るとディーガHDDの交換方法が説明されていて、かつバイナリー編集をしたHDDを販売可能とある。

http://plcseigyo.com/other/post-5000

すごい、こんなことがあるんだと思いながら早速1TBを注文した。AV対応か?これはもう試してみるしかないし、販売をしているので動作を信用するしかない。

Dsc05181_2s

分解後HDDのシャーシを外した。HDDの部の4本の取り付けねじが見える。 これらを緩めれば、HDDがはずれる。

HDDが着いたら交換し、また、途中の方法や顛末などを記事にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

飛行船、Blimpものつくり(57) Panasonic DMR-BR580 DMR-BRT1030

飛行船、Blimpものつくり(57) Panasonic DMR-BR580 DMR-BRT1030 

家のブルーレィレコーダー DMR-BR850が故障した。2010年の購入で約7年お世話になった。

テレビがPanasonicでビエラリンクを使っているので、テレビ置きの密閉したキャビネットの中で使っていた。

閉空間で温度が厳しいかもしれないが、7年強でハードディスクが壊れたようだ。録画をすると1番組が10番組くらいに分割して録画され、その間も少し録画失われる場合がある。視聴が困難になってきたので最新機種を探した。

約8年前の当時としてはフルハイビジョン対応のブルーレイが話題で、これはBD-REにも録画ができた。フルハイビジョンでビデオレコーダーからも録画ができて、それを目的にもこれを購入したと記憶している。同時発売の機種で最小HDD容量が250GB、最大が1TBなので、上から2番目の機種になる。

今回選んだ機種がDMR-BRT1030。

Image2

約8年で進化した点は、なんといってもキャッチフレーズにもなっている

1)おうちクラウド だろう。このレコーダーがパ-ソナルクラウドデータサーバーみたいになるのはすごい。

スマートフォンアプリの「どこでもディーガ」(主にandroid)でここに保存したデータ、音楽、写真、動画、に外部にあるスマホからクラウド経由でアクセスができる。さらにリアルタイムに放送番組も外部で視聴できる。

簡単に言うと、ワンセグやフルセグの機能を持たないスマホから番組の視聴ができるということです。NHK受信契約はこのディーガのみでOK、、!?、、受信契約に関してはこれ以上説明しませんが・・・・。

2)4K動画の録画対応
今時のビデオカムコーダーやアクションカメラは4K対応になっている。これを録画できるデバイスがなかなか出現しなかったが、ここ数年で対応してきた。

最近出てきた
3)Ultra HD ブルーレィ の4K/HDRに対応している。簡単に言うと4Kコンテンツ(映画など)の再生ができるということです。ただし、これは上位機種のDMR-UBZシリーズのみですが。

今回購入のBRTシリーズでは4Kインターネット動画の再生には対応していないようですが、今後確認します。

今後4K放送が本格化すると予想しますが、このレコーダーでは受信ができません。が、昔のハイビジョン番組のように外部に専用受信機をつければ可能なのか、どうやっても無理なのか、今のところ情報はありません。

ま、当面、地デジ、BS放送、4Kカムコーダーから録画ができれば、相当満足です。

今回、設定してみて、WiFiがあるのは相当便利だった。今までの有線LAN接続では引き回しが鬱陶しくて配線していなかったが、今回、家の無線LANへの接続は簡単だった。

LAN接続を考えた場合、今どきはこうあるべきですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木)

飛行船、Blimpものつくり(56) Comtec ドライブレコーダー HDR-015 前後2カメラ

飛行船、Blimpものつくり(56) Comtec ドライブレコーダー ZDR-015 前後2カメラ

ここ1年、ずっとドラレコを購入しようといろんな情報を集めたり、オートバックスに行ったり。

だけど、メーカーや種類の多いこと、多いこと、何がどうなっているのか、本当に分かりづらい。

私の要望する仕様は、

1)フルHDとHDR機能
2)前後2カメラ
3)駐車時にも記録が可能なこと
4)あまり画像の周辺が歪まないこと
5)GPSによる位置情報を記録できること

これでは今どきのフルスペックになっちゃいますね。だからなかなかピンと来る製品がなく購入ができなかったということかも。

やっと出会ったのがこれ、コムテックのZDR-015。

Image2

 

外箱と内容
Dsc04768as

 

製品を取り出した。16GB SDHCは装着されていたのを出してみた。
Dsc04772as
 

生産国は韓国になっていますが、マニュアルを含め製品のどこを見ても日本製の感じで安心感がある。

画像などの鮮明さは当然として、今の懸念点は、
1)画像の揺れ具合はどうか
2)GPSの位置情報はGoogleなどの一般的地図上にデータの受け渡しが可能かどうか
3)専用ビューワーの使いがってはどうか
4)ボタン操作などの使いがって
5)駐車時記録の継続時間と人感センサーの感度
など

今後、SONYのアクションカメラとの比較しながら記事にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

飛行船、Blimpものつくり(55) Lenovo Yoga Book その後 (12) windows10 インストール版 YB1-X91L LTE 充電ケーブル、マウス、USB外部メモリを同時に使う

飛行船、Blimpものつくり(55) Lenovo Yoga Book その後 (12) windows10 インストール版 YB1-X91L LTE 充電ケーブル、マウス、USB外部メモリを同時に使う

本年4月16日の記事からの続きです。

外部バッテリーをいくつか購入しているが、16日記事の追加ケーブル、4拡張端子、からうまく充電ができない。

1本単独(USB-micro usb)では充電可能なので、ケーブルを新たに購入してみた。

100均ショップで購入した。

バッテリーは2016年2月5日で記事にしたANKERを使う。

Dsc04647s

購入したケーブルが左のリールタイプ。データ通信と充電ができるとある。

Dsc04657s

NAKER側の青色ランプが点灯しているので充電しているはずですが、yogabookをONにしているので、十分なパワーがあって充電にまで電力が余ってないと、充電にはならない。

yugabookは癖があるというか、携帯電話やポータブルHDDなどのいろんな5V出力充電器を接続してみたが、充電できてそうでできてない場合があり、確認することにした。

上の写真で、上段の時刻が12:20、充電%が82%。下が、13:56、%が90%。

1時間半で8%ほど上がったので、PCのバッテリースペックが8500mAhなので、800mAhほど充電できたことになる。1時間当たり約500mAh、充電電流は0.5Aほどになる。

ま、この組み合わせでPCを運用しながら充電できることが確認できれば目的は達した。

これで、充電、USBメモリ、マウスなど4つ同時に使える。

Dsc04664s
無線マウス、USBメモリを使いながら充電している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

飛行船、Blimpものつくり(54) ポータブルナビ ゴリラ 中国製ナビ その実力 (2)

飛行船、Blimpものつくり(54) ポータブルナビ ゴリラ 中国製ナビ その実力 (2)

2時間ほどドライブで使ったインプレッションから。

今回のナビは、日本製の市販平均価格を10万円とすると1/3くらい、、、なのでちょっと選択としては厳しかったかも。なお、今まで15年使ってきたゴリラは平均価格帯。

これと比べることになるので評価は厳しめ。

主なスペックを比較すると、チューナーがワンセグ/フルセグオート切り替えができて2チューナーを実装しており同じ、液晶はTFTで解像度はこっちは1024x600、ゴリラも同じと思う。

ナビデータはゴリラはHDDに格納、これは8GBのSDメモリに格納、なのでこっちがちょっと雑。

FMトランスミッターはどちらも同じくある。シガーライターからの電源はどちらもあり。

以上スペックはほとんど同じ。

使ってみると、、まずがっかりな点ばかりで、申し訳ないが、

1)液晶が暗い。車の外が太陽燦々でも曇りでもゴリラよりかなり暗くて、第一印象が悪い。あっ、まず安物を買ってしまったかなぁと思ってしまう。

2)次にタッチパネル、操作が一個づつ確実にできない。押しても反応してるのかしてないのか、、、動かない、、、。あぁ、、これも同じ印象。

3)そして、画面の発色が悪い。例えば人の顔の色は病気の時のような色合いあいで、見るたびにがっかりしてしまう。何とかしてほしいが、色合いを変えるメニューがない。

4)全体的の反応が遅い。これはCPUの能力が足りてないのだと思う。ゴリラは15年前の製品にもかかわらずこのようなことはない。

5)ナビのデータ不足。細かい道路が出ない。

6)ナビでルートを切り替える機能がない(経由地の変更とか)。

なので、一方、いい点を挙げると、

1)チューナーの感度が上がったこと。ゴリラは今どきのハイテクから比べると悪い。

2)ワンセグの画面は色はひどいが今どきの解像度がある。15年前のゴリラは画像の処理技術が今時のレベルではない。

結論的には、技術はあると思われるが、製品に対する思い入れがなく消費者不在の製品を世に出す中国マインドは、まだまだ受け入れられないと思う。がっかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

飛行船、Blimpものつくり(53) ポータブルナビ ゴリラ 中国製ナビ その実力

飛行船、Blimpものつくり(53) ポータブルナビ ゴリラ 中国製ナビ その実力

約15年使っていたポータブルナビ、ゴリラ  がついに壊れGPSデータを捉えられなくなった。

次は何を買うか迷ったが、同じく約17年前に初めて韓国製の液晶PCモニター(今でも動いておりたまに使うが) を買った時のように、初めて中国製を試すことにした。

もちろん身の回りのかなりの(ほとんどの)製品が中国製であり、その品質はそれなりに確かと言えるが、日本向けの多くは何らかの形で日本人がモノ作りに関係しているが、今回の製品は多分それはない。

目的として、今回はそれを確かめたかった。

楽天で探したので、その画面を載せる。別の意味で、今回は説明書が全く同梱されていない、なのでその代わりの意味もある。

Image2

Image4

Image6

Image8

Image10

Image12

Image14

Image16

以上の様な特徴というかSPECを持つ。こんなにもマンマシンインターフェースが重要な製品で純中国製を買うのは初めて。どうなることやら、、、、。

現在、やっと車に取り付けて昨日約2時間走行した。その記事を今後書いていきたい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

飛行船、Blimpものつくり(52) メカタイマー USB充電5V出力付きコンセント 雷ガード付きコンセント

飛行船、Blimpものつくり(52) メカタイマー USB充電5V出力付きコンセント 雷ガード付きコンセント

ここしばらくの間にプリンターやスキャナーなどが壊れたことがわかった。ほとんど同時なので、そこでチラッと考えたのがACラインからくるサージ電圧。

2年前には液晶テレビやエアコン2台が一気に壊れたことを思い出した。60mくらい近くの近所の電柱に誘導雷が落ちたようだった。

そこでコンセントを見直すことにした。希望は以下のとおり。

1)雷などのサージ電圧を吸収できること。

2)USB DC5V を供給できること。

3)メカタイマーと組み合わせて、ON/OFF時間を自動設定できること。

そこで選んだのが以下の製品。

これは6000Vまでのサージ電圧を吸収できる。YAZAWAブランド。
Dsc09173s

 

 

 

これは、目的は30年位前の扇風機をON/OFFコントロールするために購入した。
PC機器関係をコントロールするためではない。
注意しなくてはいけないのは、いまどきの機器はソフトウエアスイッチが多く採用されており、コンセント側のAC100VをON/OFFしても OFFはできるがONはできないこと。

Dsc09119s
ネットで調べると今でもメカ式ボタンの扇風機は購入可能のようですね。ほとんどないですが、、、

DC5VをUSB端子で出力できるコンセントがこれ。やっぱり便利ですね。もう、家中あちこちにUSB電源供給差込(コンセント)があることになる。

Dsc09118s1

LENOVOのYogaBookがDC5Vで充電できるので本当に便利。家中、どこでも充電しちゃいます(注:下記参照)。

 

余談ですが、このYogaBookの充電仕様は不思議、というか便利です。以下充電器の仕様ラベルの記載から。
5.2V 2A:通常使用。
7V   2A:急速充電。
9V   2A:急速充電。
12V  2A:急速充電。

どうもバッテリー充電状況によって出力電圧を変えているようです。

なので、上のコンセント(出力5.2V)を使うと充電はできない。しかし、バッテリーの寿命を延長できると思っている。バッテリーの放電がほぼないので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

飛行船、Blimpものつくり(51) エコタンク プリンター エプソン EW-M570T

飛行船、Blimpものつくり(51) エコタンク プリンター エプソン EW-M570T

最近、10年ほど使ってきたCANONの複合型プリンターの電源が入らなくなった。

修理も考えたが、エプソンのエコタンクが気になったのでカタログを調べた。従来のプリンターは確かにいつも印字を始めるとかすれていて、クリーニングを多くし、あげくの果てインクがなくなり近くの電気屋さんに走ることになり、面倒なことこの上ない。

カラーモデルは、EW-M770T、EW-M660FT、EP-M570T。他にブラックのみの2モデル。

660FTは最初のモデルでFAX機能が付いている。570Tは2番目のモデルで廉価版のエンジンを付けているので速度は遅い。

770Tは最新モデルでカラー機能を充実させている。

売りは5000ページ以上の印刷が可能なタンクを搭載していること。また、別のタンク(ボトル)からインクを追加することができる。

Image2

660FTはSDメモリカードに対応していないが有線LANには対応している。一方570Tには有線はない。また自動両面にも対応していない。 770Tはファックス以外対応している。

価格はカカクドットコムで67,250、48,864、37,800くらいであり、高機能に7万円近く出すかどうかで判断が分かれる。

<追記> 10年以上前の機種であるMP810は修理するにもメーカーが修理サポートを打ち切っていてできませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧